Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

ルイ・ヴィトン | LOUIS VUITTONのブランドヒストリー | ルイ・ヴィトン 腕時計

ラグジュアリーブランドとして不動の人気を築いているルイ・ヴィトン。ブランドとしての歴史は1854年に同氏が世界で初めての旅行鞄専門店をフランス・パリ市に創業したことに端を発する。1867年のパリ万博でメダルを受賞し、一躍、各国の王族からトランクの受注を受けるようになり、その名を広めた。ルイが亡くなる1892年にはハンドバッグも展開するようになり、その後は息子であるジョルジュ・ヴィトンが「ダミエ」や「モノグラム」を発表し、現在まで続く快進撃の礎を築くことになる。腕時計の製造に本格参入したのは1987年にモエ・ヘネシーと共に「LVMH(ルイ・ヴィトン、モエ、ヘネシーの頭文字)グループ」を組織しタグ・ホイヤー等、数々の時計ブランドも傘下に収めながら、スイスの有名時計生産地であるラ・ショー・ド・フォンに自社工場”オルロジェ ルイ・ヴィトン”を設立。そして2002年、満を持してヴィトン初の「タンブール」ウォッチを発売した。特徴的なドラム型ケースの周囲には”LOUIS VUITTON”の文字が刻まれ、裏蓋にもモノグラム柄を配し、往年のヴィトンファンをも感心させる名作となった。当初のムーブメントには、同グループ傘下・ゼニス社の名機「エル・プリメロ」を搭載していたが、2009年には自社ムーブメントも開発しマニュファクチュール化を達成。現在ではミニッツリピーターやトゥールビヨン等の複雑機構を搭載したハイスペックモデルもリリースするなど、時計の分野においても僅か十数年で飛躍的な発展を遂げている。

ルイ・ヴィトン | メンズ ブランド腕時計専門店高級ブランド時計の販売・買取を行っている通販サイトで。送料、ラッピング、サイズ調整等無料!ルイ・ヴィトンなら当店で!スーパーコピーブランドは業界最高級N級品のブランドコピー品激安通販専門店です。弊店はルイヴィトンコピーについて多くの製品の販売があります。

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル
Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに適したエディション

Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータバックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わり、仕事でも家庭でも使用できるエディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。

Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

さらに、Professionalでは、Windows XPモードで多くのWindows XP生産性向上プログラムを実行でき、Location Aware Creating、ドメイン参加とグループポリシー制御、進化したバックアップ機能(ネットワークとグループポリシー)、暗号化ファイルシステムの機能が装備されている。

※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

商品スペック
【動作環境】

[windows]
対応OS: Windows Vista / XP / 2000
CPU: 1GHz以上 ※32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
メディア: DVD-ROM
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以降のドライバーで稼働するDirectX 9対応グラフィクスデバイスが必要
※解像度によっては、ビデオを再生するために追加メモリや高速グラフィックスハードウェアが必要になる場合がある。Windows Media Centerの一部の機能では、テレビチューナーと追加ハードウェアが必要になる場合がある。WindowsタッチおよびWindowsタブレットには、指定のハードウェアが必要。ホームグループには、ネットワークおよび接続先となるWindows 7インストール済みPCが1台以上必要。DVDまたはCDの作成には、互換性のある光ディスクドライブが必要。音楽やサウンドにはオーディオ出力が必要。Windows XPモードには、1GBの追加メモリ、15GBの追加空きディスク領域、ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー(Intel VTまたはAMD-Vが有効になっている場合)が必要

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)
Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱),パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Professional,ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

●Windows 7 Professional(プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
・Windows XPモード機能搭載
・ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
・暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
・Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。

●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

【32bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:1GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に16GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:2GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に20GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

※Windows XP モードには次のものが必要になります
メモリ:1 GB の追加 RAM
ハードディスク:15 GB の追加空きディスク領域
ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合) 

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,SP1,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル 

Adobe Dreamweaver CS5 Win版 アドビ ドリームウィーバー

Adobe Dreamweaver CS5 Win版 アドビ ドリームウィーバー

Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール


デザイナーやデベロッパーは、標準規格に基づくWebサイトを作成でき、ビジュアルな作業とコードの直接編集、動的サイト構築のためのサポートが強化され、PHPコードヒンティング、WordPressなどのコンテンツ管理システムを取り込んだサイトの開発、強力なCSSインスペクトツールを使った生産性の高いデザインが可能。


また、Subversionの統合サポートや、カスタムPHPコードヒントにより、高度なWebサイトの開発を容易に行うことができる。


さらに、Adobe CS LiveオンラインサービスであるAdobe BrowserLabとの統合により、高速で正確なブラウザー互換性テストと動的コンテンツのテストを実行できるほか、CS Liveオンラインサービスは、一定期間無償で利用することが可能。


詳細はメーカーHP参照(www.adobe.com/go/cslive_jp)。


Windows版。


商品スペック

【動作環境】

[windows]

対応OS: Windows XP(SP2)/Vista Home Premium/Vista Business/Vista Ultimate/Vista Enterprise(SP1)/7

CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降

メモリ: 512MB以上

HDD: 1GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)

メディア: DVD-ROM

モニタ:1280×800、16bitカラー以上 他DVD-ROMドライブが必要 ※オンラインサービスの利用にはブロードバンドインターネットに接続できる環境が必要。最新の必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/dreamweaver_systemreqs_jp)

 Adobe Dreamweaver CS5 Win版 アドビ ドリームウィーバー,パソコンソフト,価格,Adobe,Dreamweaver,CS5,アドビ,ドリームウィーバー

 Adobe Flash Professional CS5 win版 アドビ フラッシュ プロフェッショナル

Flashコンテンツにリッチな表現と体験をもたらすプロフェッショナルツール。


PCからモバイルデバイスまで、さまざまなサイズと解像度の画面で一貫した動作が可能なほか、魅力的なコンテンツの作成を可実現する。


また、プロフェッショナルなタイポグラフィとピクセルレベルの精緻な描画ツールで表現力豊かなコンテンツをデザインしたり、コードの自動補完やカスタマイズ可能なコードスニペットにより正確かつ効率的にコードを記述することも可能。


Windows版。

Adobe Fireworks CS5 win版 アドビ ファイアーワークス

Adobe Fireworks CS5は、Webはもちろん、スマートフォンからキオスク端末、組み込みディスプレイまで、ほぼすべてのデバイスに向けて、高度に最適化された表現力豊かなグラフィックスを作成するために必要なツールを提供します。


ベクトルのパワーとビットマップツールを統合

Adobe Fireworks CS5では、ベクトル画像とビットマップ画像の両方の作成、読み込み、編集が可能です。 99 ピクセル単位の正確なレンダリングにより、ほぼあらゆるサイズの画面に対してデザインの明確さを維持できます。テキスト処理も強化され、優れた字体をデザインできます。


ピクセル単位で正確なレンダリング

高度なレンダリングにより、ほぼあらゆるサイズの画面に対してデザインの明確さを維持できます。鮮明さの向上により、ベクトルモードやビットマップモードのオブジェクトのモードを変換してもくっきりと表示できます。


Adobeスウォッチ交換

Adobe Swatch Exchange(ASE)を通じて、他のアドビグラフィックスソフトウェアによるデザインと色味を正確に一致させることができます。Adobe PhotoshopやIllustrator、KulerTMからASEファイルを読み込むこともできます。


使いやすいスクリーンベースのデザインツール

ベクトル画像とビットマップ画像の両方の作成、編集はもちろん、Adobe PhotoshopやIllustratorのネイティブファイルを読み込んで編集することも可能です。変更内容はいつでも編集可能で、最終出力は表示解像度に応じて最適化されます。


文字処理の改善

Adobeテキストエンジンを使用して優れた文字デザインを作成します。ダブルバイト文字でも劣化することなくコピー&ペーストが可能。テキストをパス内でフロート状態にするなど、様々な改善が行われています。


最適化および拡大、縮小のためのツール群

プレビュー機能、選択可能なJPEG圧縮、詳細なエクスポートコントロールにより、様々な種類の画面に対してグラフィックスを最適化できます。9スライスの拡大・縮小により、ボタンやグラフィックシンボルのサイズをスマートに変更できます。

Adobe(アドビ) CS5 Win版 

Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー

Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキーOffice をインストールする方法とは?
Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー
Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー


①すぐにダウンロード行う
②ディスクを購入
ソフトウェアをダウンロードしない場合は、Office Professional 2013 のディスクを購入して届けてもらうことができます。
③ディスクに書き込む
ソフトウェアをダウンロードして、自分でディスクに書き込むことができます。ファイルのサイズが非常に大きくなるため、インターネットの接続速度によっては時間がかかる場合があります。

Office Professional 2013

より効率的に作業

時間の節約を可能にする各種機能や、洗練された斬新な操作環境が全プログラムに導入された Office Professional 2013 plusでは、作成やコミュニケーションを効率的に行えます。 また、文書を OneDrive にオンライン保存することにより、事実上どこからでもアクセスできます。

  • お使いのPC 1台にOffice をインストール可能
  • OneDrive で文書をオンライン保存
  • 無料の Office Web Apps を使用し、インターネットに接続したデバイスから文書にアクセス、編集、共有1

よりシンプルなコミュニケーション

画像 0

クライアントや顧客への対応をより迅速に。 必要な情報を Outlook でより効率的に検索する、新しい共有ツールを使用する、OneDrive で文書を共有することが可能。

迅速な対応。 Outlook メッセージのプレビュー、閲覧ウィンドウからの返信、連絡先情報の迅速な確認が行えます。

適切な方法ですばやくコミュニケーション。 すべての共有オプションが 1 つにまとめられ、Office プログラムの [ファイル] > [共有] からアクセス可能になりました。


データやアイデアをベースにプロ レベルの文書を作成

画像 1

スタート画面でテンプレートを選択し、魅力的な文書をすばやく作成。 新しい方法で PDF コンテンツ、イメージ、データを編集し、作成した文書をオンラインで共有。

データから結果を短時間で把握。2 ステップ以下の簡単な操作で、データからグラフや表を作成できます。

データベース アプリの構築と、Web 上での共有が容易。 Access によって構造が作成されるため、すぐにアプリの使用と共有を開始できます。


Office を自分用にカスタマイズ

画像 2

職場や外出先から Office にサインイン — 自分用にカスタマイズした設定と、最近使用したファイルにいつでもアクセス可能。

ユーザー単位でカスタム設定を管理。 任意の PC やデバイスから文書を開き、作業を継続できます。

クラウドにファイルを保存。 Office では文書が OneDrive に保存されるため、自分のメモ、文書、グループ ファイルなどにいつでもアクセスできます。

ビジネスの推進に役立つ最新の Office プログラム

Word
  • 新しい閲覧モードでは、テキストが自動的に列表示で再配置されるため、画面上での読みやすさが向上。 また、表示に役立つツールのみを提供してメニュー数を絞ることにより、作業への集中力がアップ。
  • PDF ファイルを Word で開き、Word で作成したファイルと同様に段落、リスト、表などのコンテンツを編集。
  • テンプレートの活用により、時間を節約できるだけでなく、自分らしいスタイルでプロフェッショナルな文書を作成。 40 以上のカテゴリに分類された各種 Word テンプレートが利用可能。
Excel
  • Excel 2013 では、1 つのワークブックに対して 1 つのウィンドウが開くため、2 つのブックでの同時作業が容易。 また、2 台のモニターでの同時作業も行えるため作業効率が向上。
  • 数学/三角法、統計、エンジニアリング、日付/時刻、検索/行列、論理、文字列操作の各分野に新しい関数が登場。
  • [挿入] タブに新たに導入された [おすすめグラフ] ボタンにより、各種グラフの中からデータに適したグラフを選択することが可能。 散布図やバブル チャートなど、関連するグラフは 1 つのカテゴリにまとめて配置。
OneNote
  • タブレット PC、Windows 8 タブレット、スレート PC など、タッチ操作に対応した任意のデバイス上で、指、スタイラス、マウスを使用してスムーズに描画、消去、編集。 手書き文字はテキストに自動変換されるため、手書きメモの読み難さを気にすることなく共有することが可能。
  • [OneNote に送る] ツール機能が強化されたことにより、画面に表示されている内容をクリップする、Web ページ/文書全体をノートブック セクションに追加する、ノートブックの一部として自動的に保存/ファイルされる「クイック ノート」に書き留める、などの操作が簡単に実行可能。
  • 任意のコンピューター ファイルを、ノートの任意の部分に添付することが可能 (ファイルのコピーはノートブックに保存される)。 また、Excel スプレッドシートや Visio ダイアグラムを OneNote 内に作成/インポートし、その情報をノート内で編集することが可能。
PowerPoint
  • 発表者ビューでは、モニターでノートを確認しながら発表することが可能 (オーディエンスに対してはスライドのみが表示される)。 以前のリリースでは、どのモニターで誰が何を見ているかを把握することは困難だったため、 発表者ビューの機能を強化することによってその点を改善し、使いやすさが向上。
  • スライド上のオブジェクトが整列していることを確認するための目測が不要。 画像や図形などのオブジェクトがほぼ均等に並べられると、自動的にスマート ガイドが表示されるため、オブジェクトを等間隔に並べることが可能。
  • .mp4、H.264 ビデオの .mov、Advanced Audio Coding (AAC) 音声などのマルチメディア形式に加え、より高解像度のコンテンツにも対応。 PowerPoint 2013 では対応コーデックの数も拡大し、特定のファイル形式を使用するための追加インストールが不要。
Outlook
  • 電話番号、電子メール アドレス、会社情報、ソーシャル メディアでの情報、連絡の可否も含め、連絡先に関する重要な情報のすべてを、連絡先カードで 1 か所にまとめて管理。 このカードから、会議を予約する、インスタント メッセージを送信する、電話をかけるなど、あらゆるコミュニケーションが可能。
  • カレンダーでは、次の予定を確認するだけではなく、さまざまな機能を利用可能。 現在地の天気予報をカレンダー ビューに追加し、現在の状況と合わせて表示。
  • プッシュ対応の電子メール、予約、Outlook.com (以前の Hotmail) からの連絡先情報を、Outlook 環境ですべて受信することができて便利。
Access
  • テーブル テンプレートを使用すると、管理対象に関する情報を入力するだけで、適切なテーブルをアプリケーションに簡単に追加することが可能。
  • 大量のデータが煩雑化しないよう、 標準的なアプリケーション フレームワークの採用により、アプリケーションの簡単操作が実現。
  • ドロップダウンメニューや、入力を開始すると表示される入力候補により、正確なデータを簡単に入力することが可能。
Publisher
  • Publisher に付属したコンテンツや、Publisher コミュニティから取得したコンテンツの既成文書パーツを挿入してカスタマイズすることにより、魅力的な文書をごくわずかな時間で作成することが可能。 豊富な文書パーツ (サイドバー、テーマ、カレンダー、罫線、広告など) から選択可能。
  • テキスト、図形、画像に対してプロフェッショナルな視覚効果 (柔らかな影や反射、合字や代替スタイルなどの OpenType 機能) の適用が可能。
  • Facebook や Flickr などのサービスに用意されているオンライン アルバムから画像を検索し、これらを保存することなく文書に直接追加することが可能。

要件

  • プロセッサ
  • SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ
  • 対応オペレーティング システム
  • Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012
  • メモリ
  • 1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量
  • 3.0 GB の空き容量
  • ディスプレイ
  • グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要
  • .NET のバージョン
  • 3.5、4.0、4.5
  • マルチタッチ
  • マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。
  • その他のシステム必要条件
  • 利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。 

    メモ: システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。 

    グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。
office2013 価格,office2013 ダウンロード,office2013 無料,office2013 プロダクトキー,office2013 クラック,オフィス2013 価格,マイクロソフトオフィス2013,オフィス2013プロダクトキー,オフィス2013 インストール,Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー
  • Office Home and Business 2010 ダウンロード版 プロダクトキー
  • Microsoft Office 2013 Pro plus ダウンロード版 プロダクトキー
  • Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語

    Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語


    Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語
    Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語





    Windows7 Pro ダウンロード版
    を始めました。24時間いつでも買えて、いつでもインストールができる、ダウンロード版の便利さをぜひお試しください。
    Windows7 Pro ダウンロード版ISO ファイルから CD または DVD を書き込む
    当店で販売しているすべてのプロダクトキーはインターネット認証および電話認証を保証しております。

    メーカーより
    「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

    Windows 7 Professional Sp1 (プロフェッショナル)
    「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
    ?Windows XPモード機能搭載
    ?ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
    ?暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
    ?Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。


    ●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
    Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

    windows7 professional sp1 32bit システム要件
    CPU:1GHz以上
    メモリ:1GB以上
    ハード ディスク:16GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    windows7 professional sp1 64bit システム要件
    CPU:1GHz以上
    メモリ:2GB以上
    ハード ディスク:20GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    (http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx)


    Windows 7 アップグレード対象製品?方法
    パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


    ●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
    △:新規インストール(カスタム)のみ可能
    WAU:Windows Anytime Upgrade対象
    ※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
    ※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
    ※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。

    Windows7 エディション別機能比較一覧
    Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    (http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx) 

    Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

    「起動?シャットダウンの高速化」
    Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
    結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。




    「ディスプレイメモリ消費量の改善」
    Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
    インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



    「高い互換性実現への取り組み」
    互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
    マイクロソフト「互換性情報サイト」
    ( http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx )
    *Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。

    マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
    <お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
    TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

    (http://www.microsoft.com/japan/customer/info/)


    Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語版,windows 7, professional, ダウンロード版,pro, 32bit,
  • Microsoft Windows7 64bit SP1 日本語 ウィンドウズ 7 64bit SP1 ダウンロード版
  • Microsoft Windows 8 Pro ウィンドウズ 8 プロ ダウンロード版
  • タブレット デバイスでのご利用方法

    タブレット デバイスでのご利用方法


    Office 365 サービス (Office Premium 搭載パソコン専用)、Office 365 Solo では、最大 2 台のタブレットに Office をインストールできます。こちらでは iPad でのインストール方法をご紹介します。Android タブレットの場合はこちらをご確認ください。

    ※Office 365 サービス (Office Premium 搭載パソコン専用)、Office 365 Solo の Office デスクトップ アプリケーション インストール方法はこちらからご確認ください。

    STEP1

    App Store で "Microsoft Word"、または "Microsoft Excel"、または "Microsoft PowerPoint" を検索します。

    STEP2

    [ 無料 ] ボタンをクリックしてダウンロード、インストールします。

    STEP3

    アプリのアイコンが表示されるので、クリックします。

    STEP4

    Word が起動します。

    STEP5

    各説明を左にスクロールして確認します。

    STEP6

    サイン画面が表示されるので、[ サインイン ] をクリックします。(6-A)
    「Microsoft アカウントでサインインしない場合 (後でサインイン) 」 (6-B) 

    STEP7

    Office 365 サブスクリプションが関連づいている Microsoft アカウントでログインします。(7-A)
    「Office 365 サブスクリプションなしの Microsoft アカウントでログインした場合」 (7-B) 

    STEP8

    [ Microsoft アカウント ] を選択します。(※ 表示されない場合もあります)

    STEP9

    パスワードを入力します。

    STEP10

    自動的にライセンス認証が行われます。

    STEP11

    ライセンス認証が行われると下記の画面が表示され、フル機能が使用できるようになります。

    Office 365 サブスクリプションなしの Microsoft アカウントでログインした場合: (7-B)
    7-B-i. Office 365 サブスクリプションが関連づいていない Microsoft アカウントを入力し、[ 次へ ] をクリックします。

    7-B-ii. 表示される画面から、[ Microsoft アカウント ] を選択します。(※ 表示されない場合もあります)

    7-B-iii. パスワードを入力します。

    7-B-iv. ライセンス認証が自動的に行われます。

    7-B-v. 下記の画面が表示されたら、[ 無料で作成および編集する ] をクリックし、利用を開始します。

    7-B-vi 上の画面で [ プレミアムに変更 ] をクリックすると、下記の画面が表示されます。

    [iPad および iPhone でプレミアム機能のロックを解除する ] (7-B-v'-a) 



    7-B-vi-c-i. [ Office 365 Solo] をクリックすると、iTunes Store にサインインの画面が表示されます。

    7-B-vi-c-ii. [ 購買の確認 ] 画面が表示されますので、購入製品および金額を確認して、[ 確認 ] をクリックします。

    7-B-vi-c-iii. 支払情報確認の画面が表示されますので、[ 続ける ] をクリックします。

    7-B-vi-c-iv. [ アカウント ] 情報が表示されますので、内容を確認し、セキュリティコードを入力し、[ 終了 ] をクリックします。

    7-B-vi-c-v. 購入確認の画面が表示されますので、確認後、[ 購入する ] をクリックします。

    7-B-vi-c-vi. 購入完了画面が表示されますので [ OK ] をクリックします。

    7-B-vi-c-vii. プレミアム機能付きの Wordに変更されます、[ ドキュメントを作成および編集する ] をクリックして、利用開始します。

    Microsoft アカウントでサインインしない場合 (6-B):
    6-B-i. [ 後でサインイン ] を選択します。

    6-B-ii. 下記の画面が表示されます。[ 無料で表示 ] を選択します。

    6-B-iii. 新規をクリックします。

    6-B-iV. 読み取り専用モードで開きます。

    App Store で購入した Office 365 Solo の自動更新をオフにする方法

    STEP1

    [ 設定 ] アイコンをクリックして、 [iTunes & App Store] を選択します。

    STEP2

    Apple ID : をクリックします。

    STEP3

    下記の画面の [ Apple ID を表示 ] をクリックします。

    STEP4

    アカウントの画面の購読の [ 管理 ] をクリックします。

    STEP5

    [ 自動更新 ] を [ オフ ] にします。

    App Store で購入した Office 365 Solo のマイアカウントページ:

    トップへ戻る

    App Store で購入した Office 365 Solo 月間サブスクリプションを年間サブスクリプションに変更する方法

    STEP1

    [ 設定 ] アイコンをクリックして、 [iTunes & App Store] を選択します。

    STEP2

    Apple ID : をクリックします。

    STEP3

    下記の画面の [ Apple ID を表示 ] をクリックします。

    STEP4

    アカウントの画面の購読の [ 管理 ] をクリックします。

    STEP5

    Office 365 Solo の画面上で、1 年 \11,800 をタップします。

    STEP6

    購読の確認画面が表示されますので、内容を確認し、[ 確認 ]をタップします。

    STEP7

    年間サブスクリプションに変更されると下記の画面のように 1 年の方にチェックが入った状態となります。

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ

    付加価値の高いAdobe PDFを作成、管理、活用するソフトウェア。
    PDFを最終ファイルとして作成・保存するだけではなく、より簡単に、文書業務ワークフローで活用することができ、文書業務の効率化と、伝わる文書コミュニケーションを実現する。

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ
    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ



    今バージョンでは、ユーザーインターフェイスの改善により、ツール類をそれぞれにカテゴリー化してまとめることで、各機能を直観的にすばやく利用することができる。

    これにより、ユーザビリティの向上と、様々な機能を容易に活用することが可能。
    また、PDFポートフォリオ機能の強化では、新しいレイアウトやビジュアルテーマ等により、より表現力豊かで、かつ整理され見やすいPDFポートフォリオを作成して共有することができる。
    アクションウィザードでは、日常で頻繁に使用する複数の作業を、ワンクリックで自動的に処理することが可能。
    作業内容は、予めアクションウィザード上に登録でき、作業内容をファイルに書き出すことができるので、他のメンバーと共有し、同じ作業を行うことが可能。
    さらに、Microsoft SharePointサーバーとの連携では、複数人数によるPDFファイルの編集とバージョン管理をサポートする。
    SharePoint上のPDFファイルを開いている間は、他のユーザーは編集できないように設定することが可能。
    そのほか、ユーザーインターフェイスから、Acrobat.comオンラインサービスの一つであるSendNowを直接利用するこができる。
    SendNowは、オンラインファイル共有サービスで、大きな容量のファイルでも簡単に相手と共有でき、ファイル受領者の閲覧も確認することができる。

    【動作環境】 
    OS : MacOS X 10.5.8/10.6.4 
    機種 : Intel搭載Mac 
    CPU : intel CPU 
    ハードディスク : 1.2GB以上 
    メモリ : 512MB以上 
    メディア : DVD-ROM 
    モニタ : 1024×576以上 
    対応ブラウザ : Safari 4/5 
    他DVD-ROMドライブが必要 
    ※Safari 5はMacOS 10.6.4が必要

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ,パソコン,パソコンソフト,Adobe,Acrobat,X,Professional,mac,アクロバット,プロフェッショナル
  • Adobe Acrobat 9 Pro Mac版 アドビ アクロバット 9 プロ
  • iWork '09 APPLE/アップル


  • Twitterボタン

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス
     
    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス
    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス



    データベース管理ソフトウェア


    アプリケーション開発の知識がなくても、連絡先の管理やお客様への請求、注文の追跡など、業務や部門を支援するSharePoint向けカスタム アプリケーションをすばやく作成できる。

    今バージョンでは、直感的な「アプリケーション エクスペリエンス」により、親しみやすく、使いやすい操作性を実現している。

    本製品を使用すれば、機能やコマンドを確実に見つけられるので、ユーザーは業務ニーズを満たすための変更作業に専念できるほか、使いやすく見た目にも美しいAccessアプリケーションを自動的に完成させることができる。

    同一ユーザーが使用する合計2台までのPCにインストール可能。


    商品スペック
    【動作環境】

    [windows]
    対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応
    CPU: SSE2対応の1GHz以上
    メモリ: 2GB以上
    HDD: 3GB以上
    モニタ:1366×768以上 他Microsoftアカウント、インターネットに接続できる環境が必要

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス,パソコンソフト,Microsoft,Office,Access,マイクロソフト,オフィス,アクセス

  • Microsoft Office PowerPoint 2013 オフィス パワーポイント
  • Microsoft Office Personal 2013 オフィス パーソナル

  • Twitterボタン

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    内容紹介
    「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

    Windows 7 Ultimate(アルティメット)
    「Windows 7 のメリットを最大限に活用したいお客様向けの、全機能搭載エディション」
    ?Windows7の全機能を搭載しているので、家庭でも仕事でも様々なシーンで安心してお使いいただけます。
    ?Ultimateだけの機能、Bitocker、Bitlocker To Goにより内蔵HDDもUSBメモリも丸ごと暗号化できるので、重要なデータを安全に持ち運べます。
    ?35カ国の言語に対応しているので、お客様にあわせて言語を選択できます。


    ●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
    Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。


    Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

    「起動?シャットダウンの高速化」
    Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
    結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。



    「ディスプレイメモリ消費量の改善」
    Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
    インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



    「高い互換性実現への取り組み」
    互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
    マイクロソフト「互換性情報サイト」
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx
    *Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。


    ●Windows 7 システム要件
    【32ビット版】
    CPU:1GHz以上
    メモリ:1GB以上
    ハード ディスク:16GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    【64ビット版】
    CPU:1GHz以上
    メモリ:2GB以上
    ハード ディスク:20GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx

    Windows 7 アップグレード対象製品?方法
    パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


    ●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
    △:新規インストール(カスタム)のみ可能
    WAU:Windows Anytime Upgrade対象
    ※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
    ※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
    ※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。


    ●Windows7 エディション別機能比較一覧
    Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx


    ●マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
    <お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
    TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)
    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版

    Adobe Dreamweaver cs6(アドビ ドリームウィーバー)(日本語)正規版 シリアル番号、ユーザー登録可、 新規インストール?アップデートは可能です。同一ユーザーが使用する合計2台までのPCにインストールできます。

    ダウンロードに関するヘルプ
    http://helpx.adobe.com/jp/download-install.html

    Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール。今バージョンでは、スクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」機能を搭載したほか、「CSSトランジション」でインパクトのあるアニメーション効果を直感的に作成できるようになっている。また、スウォッチパネルからjQuery Mobileテーマをレイアウト上に簡単に追加したり、PhoneGapとの連携強化で、モバイルアプリケーション開発をさらに効率化している。 


    Adobe dreamweaver CS6 最新「可変グリッドレイアウト」や「CSSトランジション」
    新しい「可変グリッドレイアウト」や「CSSトランジション」、さらにjQuery MobileおよびPhoneGapTMのサポート機能強化により、HTML5/CSS3ベースのWebサイトおよびアプリケーションを効率的に作成できます。

    こんな方におすすめ
    HTML5、CSS3、jQueryなどの最新テクノロジーを用いた標準規格ベースのWebサイトを制作したい方に最適。デスクトップのみならず、スマートフォンやタブレットでも最適に表示されるWebページをすばやく作成できます。

    ?スクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」
    ?「CSSトランジション」でインパクトのあるアニメーション効果を直感的に作成
    ?jQuery MobileやPhoneGapとの連携で、モバイルアプリケーション開発を効率化

    ウトが変化する「可変グリッドレイアウト
    様々なデバイスやスクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」をサポート。グリッド上の直感的な操作で、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの3種のレイアウトを一度に作成、プレビューすることができます。 

    モバイル、タブレット
    ※ウィンドウ下部のビューボタンをクリックして、モバイル、タブレット、デスクトップでのレイアウト表示をすばやく確認できます

    CSSトランジション
    複雑なコードを記述することなく、インタラクティブなアニメーション効果を簡単にWebページに追加できます。新たに「CSSトランジション」パネルが追加され、CSSプロパティの変化によるトランジションを直感的に設定することが可能になりました。 

    AIR Captive Runtime
    ※カーソルを当てるとパネルがせり上がるといったトランジション効果を簡単に設定できます


     dreamweaver Professional CS6用の機能拡張
    新しい「jQuery Mobileスウォッチ」パネルから、jQuery Mobileテーマをページ全体または個々のエレメントに簡単に追加、指定できるようになりました。Dreamweaver CS6に用意されたテーマの他、Fireworks CS6で作成したテーマを利用することも可能です。

    jQuery Mobileスウォッチ
    新規ドキュメントのサンプルに「モバイルスターター」が追加され、jQuery Mobileフレームワークを利用したモバイルアプリケーション開発がすぐに始められます。
    モバイルスターター 


    製品概要:
    ?Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール
    対応OS: Windows XP(SP3)/7(SP1)/8/8.1
    CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降
    メモリ: 512MB以上
    HDD: 1GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
    ?モニタ:1280×800、16bitカラー以上 他DVD-ROMドライブ、Java Runtime Environment 1.6が必要 ※マルチメディア機能を利用するために、QuickTime 7.6.6が必要。
    最新の必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/dreamweaver_systemreqs_jp)
    Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版
    Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版



    ドリームウィーバー, ホームページビルダー, dreamweaver ,ホームページ作成,ソフト,cs6 ,Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版

    Microsoft Office のおすすめ TIPS-画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

    画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

    画像やクリップアートをドキュメントに追加する場合、bing を使用すると Web 上の無数のクリエイティブ コモンズ ライセンスの画像にアクセスできます。
    新しい Office では、[オンライン画像] ウィンドウから画像を検索すると、自動的に bing に接続されるため、画像をドキュメントに挿入するためにブラウザーを開いたりドキュメントから離れたりする必要はありません。

    ここでは、Word 2013 を例に Office の [オンライン画像] ウィンドウからオンライン クリップアートを検索する方法をご紹介します。

    ※画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
    詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

    1. Word 2013 を開き、画像を挿入したい場所にカーソルを合わせます。

    2. [挿入] タブをクリックし、[画像] の [オンライン画像] をクリックします。

    3. [bing イメージ検索] ボックスに、検索する語句を入力し、右端の「検索」ボタンをクリックします。

    ヒント
    クリップアート画像を検索する場合は、検索文字列に「クリップアート」を追加します。たとえば、「パソコン クリップアート」、「枠線 クリップアート」のように入力します。

    4. 入力したキーワードで検索された画像が表示されます。
    (クリエイティブ コモンズによってライセンスされた画像が表示されます。)

    ヒント
    bing のフィルターは、クリエイティブ コモンズ ライセンス(新しいウィンドウが開きます) システムに基づいています
    画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
    詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

    5. 使いたいクリップアートをクリックして選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

    ヒント
    「Ctrl」キーを押しながら画像をクリックすると、複数のイラストを同時に選択できます。この状態で「挿入」ボタンをクリックすると、一度に 2、3 点の絵を文書に挿入することができます。
    ヒント
    検索結果に表示される画像が少ない場合は 「すべての Web 検索結果を表示」をクリックするとライセンス以外の画像を確認することができます。

    6. カーソル位置にイラストが挿入されます。

    参考: 画像のライセンスの確認方法

    画像のライセンス方法を確認したい場合は、以下の手順で確認することができます。

    • 1. 検索結果で表示された画像を選択する
    • 2. 左下に表示された URL をクリックして、配布元のサイトにアクセスし、ライセンスについて確認する

    Office Personal 2013 日本語通常版 2PC

    Office Home and Business 2013 日本語通常版 2PC

    ※外箱若干ヘコミ Office Professional 2013 日本語通常版 2PC

    Office Professional 2013 アップグレード優待版

    Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

    Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード

    フローチャート図やオフィスレイアウト図、ネットワーク図等、様々な作図に効果的な作図ソフト。

    これまでの作図機能に加え、新たにデザイン機能も格段に向上し、これまでもよりもっと簡単に、もっとグラフィカルな図面を作成することが可能に。

    テーマやバリエーション機能を活用し、利用シーンや相手に合わせて見栄えを簡単することも簡単。

    よりコミュニケーションを円滑に進めることができます。

    また、図面の共同編集も可能になっており、チームでコミュニケーションしながらブラッシュアップも行えます。

    編集終了後、SharePointに保存することで、 Visioを持っていないユーザーとでもブラウザー経由で簡単に共有することができます。

    Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード
    Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード



    商品スペック
    【動作環境】

    [windows]
    対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応
    CPU: SSE2対応の1GHz以上
    メモリ: 32bit版は1GB以上、64bit版は2GB以上
    HDD: 2GB以上
    モニタ:1024×576以上
    対応ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 8以降、Mozilla Firefox 10.x+、Safari 5(Mac)、Google Chrome 17.x 
    他Microsoft アカウント、インターネットに接続できる環境が必要
    ※SharePointに保存するには、SharePoint Server 2010、SharePoint Online、またはSharePoint Server 2013が必要。

    表示するには、対応ブラウザのいずれかが必要

    The Brand New Visio 2013

    Visio2013は、デザイン性の大幅な向上と、より洗練された設計プロセスにより、見た目に美しく、完成度の高いビジネス グラフィクスを作成できます。?
    加えて、さらに使いやすくなった操作性とクラウド対応など、ビジネス ツールとして幅広く利用できるようになっています。?
    ぜひ最新の Visio をお試しください。

    プロフェッショナルな図面を迅速に作成

    即座に作図開始?簡単にデザイン変更

    新しい Visio は、すぐに作図を開始出来るようスタート画面が変更され、最近使用したドキュメント、新規作成オプションから即時に開始できます。また、アップデートされたシェイプを含む 60 種を超える様々なテンプレートを活用することで簡単に作成することが出来ます。更に、テーマや効果の機能が追加され、利用シーンや相手に合わせてデザインをわずか数回のクリックで簡単に調整することが出来ます。

    通常作業をよりシンプルに

    Visio に最適化されたミニツールバーが搭載されたことにより、書式の設定やコネクタの追加、図形の配置調整といった作図において頻繁に発生する作業をこれまで以上に効率的に行えるようになりました。また、作図途中で必要となったシェイプ簡単に見つけることも出来るようになっています。更に、図形の変更作業が右クリック一つで行えるようになりました。図形に埋め込まれた外部データやレイアウトはそのまま維持するため、業務効率が飛躍的に向上します。

    組織図テンプレートの拡張

    Visio で最も多く使われるテンプレートの一つである組織図テンプレートが大きく機能拡張しています。新しい組織図ウィザードを活用することで、外部のデータや写真を元に、簡単に組織図を作成することが出来ます。また、組織図用のスタイルが豊富に用意されており、通常のベルト型の他、コインやパネル、花びらといった好みにあったスタイルで作成することが出来ます。

    デザイン性の向上

    Visio 2013 では、Office 製品のアートワークが統合され、シェイプのデザインがリフレッシュされています。新しい組織図のテンプレートや最新のデザイン スタイルが用意されているため、Office ユーザーでも感覚的に好きなデザインを選択して図を作成することができるようになっています。 また、Visio 2013 では、「影」「ぼかし」「光彩」といったさまざまな効果が用意されています。もう、魅力的な図を作成するために、ほかのグラフィック ソフトを使用する必要はありません。 加えて、PowerPoint の図形と同じ操作感でシェイプをコントロールできますので、普段から PowerPoint に慣れ親しんでいる Office ユーザーは、より高レベルのプレゼンテーションを作成するためのツールとして利用できます。

    テーマの強化

    Visio 2013 では、テーマやクイック スタイルによるデザインの設定機能が強化されており、PowerPointなどの Office 製品と同じように、あらかじめ用意されているテーマを適用することで、簡単にスタイリッシュで統一感のある図を作成できます。 メニューに表示されている「テーマ」と「バリエーション」から好みのものをクリックするだけで、図全体のデザインを変更することができます。

    Visio 2013 画面キャプチャー 1

    格段に増えたシェイプ

    Visio 2013 では、テーマやクイック スタイルによるデザインの設定機能が強化されており、PowerPointなどの Office 製品と同じように、あらかじめ用意されているテーマを適用することで、簡単にスタイリッシュで統一感のある図を作成できます。 メニューに表示されている「テーマ」と「バリエーション」から好みのものをクリックするだけで、図全体のデザインを変更することができます。

    Visio 2013 画面キャプチャー 2

    「ワークフロー図」テンプレートで作成した図面の例

    Visio 2013 画面キャプチャー 3

    「基本ネットワーク図」テンプレートで作成した図面の例

    図形の変更

    Visio 2013 では、すでに配置済みの図形を別の図形に変更する機能が追加されました。これによって、飛躍的に早く、より見やすい図に修正することが可能になりました。 これまでのバージョンでは、変更したい図形をいったん削除してから再度設置し、接続しなおす必要がありました。新バージョンではメニューから変換したい図形を選択するだけです。

    Visio 2013 画面キャプチャー 4

    1. メニューをクリック?
    2. 変更したい図形を選択?
    3. クリックで別ステンシルの図形を選択可能

    ページのトップへ

    チームでの共同作業を簡単に実現

    図面の共同編集

    一つの図面に複数人でアクセスすることができ、図面の再調整やシェイプの追加、コメントの追加などさまざまな作業を行うことができます。たとえば、レビュー時に、メール添付で関係者に送り、修正してもらったものを再度統合する、といった作業はもう必要なくなります

    Visio 2013 画面キャプチャー 5

    ブラウザーを通して図面共有

    マイクロソフトの SharePoint 製品をはじめとした情報共有基盤に図面を保存することで、Visio を持っていないユーザーの方も図面を閲覧することができます。また、SharePoint の Visio Services をご活用いただくことで、閲覧だけでなくコメントの追加、さらにはタブレット端末にも対応したことでどこからでもどんなデバイスからも図面にアクセスすることができます。

    Visio 2013 画面キャプチャー 6

    改善されたコメント機能

    新たにチャット形式でコメントのやりとりができるようになり、レビュー作業時の図面上でのコミュニケーションが格段に改善されました。また、マイクロソフトの Lync 製品と連携することで、共同編集者とすぐに電話やビデオ会議を始めることもできるようになりました。

    Visio 2013 画面キャプチャー 7

    ページのトップへ

    娏Δ蕠砻婊P

    UML 2.4 に対応

    UML およびデータベースのダイアグラムは拡充され、さまざまな種類のダイアグラムをサポートするテンプレートの数が合計 9 個になりました。ダイアグラムを簡潔に、手軽に作成できるだけでなく、新しい図形や書式オプションによってダイアグラムの見た目を美しく整えることができます。?
    ダイアログが主体となっていた従来の操作は制約が大きいので、今回のリリースから、テンプレートに基づく操作に変更され、より効率的に作図を進めることができます。

    Visio 2013 画面キャプチャー 8

    BPMN 2.0 に対応

    ビジネスプロセスモデリングの最新標準であるBPMN 2.0 に対応。これにより、グローバル基準でビジネスモデリングを行うことが出来ます。勿論、BPMN 1.2 も継続して利用することが出来ます。

    よりビジュアルなワークフロー作成が可能に

    新しい Visio では、SharePoint 製品のワークフローや Project 製品のワークフローを簡単に作成することが出来ます。?
    Workflow Foundation 4.0 に対応したことで、ステージやループといったアクションが追加され、よりビジュアルなワークフローを簡単に作成することが出来ます。?
    更に、プロジェクトの需要管理におけるワークフローも Visio で作成することが出来ます (マイクロソフト Project Server 及び Project Online ご利用時に活用出来る機能です。)

    Visio 2013 画面キャプチャー 9

    ページのトップへ

    Office 365 との統合

    Office 365 を通じてご提供

    Visio Pro for Office 365 は、Office365 を通じて、これまでのオンプレミス型と同等の機能をご提供します。また、複数台の PC にインストールすることができ、いつでも、どこからでも、必要なタイミングで Visio プロジェクト業務を遂行することができます。

    提供形態にもクラウドを選択できる、新しい Visio Pro for Office 365

    新しい Visio は、従来のパッケージやボリューム ライセンスで提供される永続ライセンス製品に加えて、クラウド版の Office も提供。新しい展開方法や複数デバイス対応など、クラウドの利点を活用できます。

    [仮想化された Office をストリーミング配信優先順位をつけて配信するためインストール途中でも起動可能][アプリケーションと構成ファイルをパッケージ化して配信するため以前のバージョンと共存が可能][クイック実行][Office 365][いつでも最新][Office アプリケーション最新の Office をストリーミング配信][セキュリティ更新][1 ユーザーが最大 5 デバイスに展開可能][マルチデバイス]

    Windows 7 Professionalウィンドウズ7プロフェッショナル(32ビット版・64ビット版)

    Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

    Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

    Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

    仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに適したエディション

    Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータバックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わり、仕事でも家庭でも使用できるエディション。

    Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

    パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

    64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

    ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。

    Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

    さらに、Professionalでは、Windows XPモードで多くのWindows XP生産性向上プログラムを実行でき、Location Aware Creating、ドメイン参加とグループポリシー制御、進化したバックアップ機能(ネットワークとグループポリシー)、暗号化ファイルシステムの機能が装備されている。

    ※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

    商品スペック
    【32bit動作環境】 

    CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
    メモリ : 1GBのRAM 
    ハードディスク : ハードディスク上に16GBの空きスペース 
    Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

    【64bit動作環境】 
    CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
    メモリ : 2GBのRAM 
    ハードディスク : ハードディスク上に20GBの空きスペース 
    Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

    ※Windows XP モードには次のものが必要になります 
    メモリ : 1 GB の追加 RAM 
    ハードディスク : 15 GB の追加空きディスク領域 
    ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合)

    32 ビットと 64 ビットの Windows: よく寄せられる質問

    コンピューターで実行中の Windows が 32 ビット バージョンであるか、64 ビット バージョンであるかはどのようにしてわかりますか。

    コンピューターで実行中の Windows 7 または Windows Vista の Windows が 32 ビットまたは 64 ビットのどちらのバージョンかを確認するには、次の手順を実行します。

    1. [システム] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] を右クリックしてから、[プロパティー] をクリックします。

    2. [システム] の下にシステムの種類が表示されます。

    コンピューターで Windows XP が実行されている場合、次の手順を実行します。

    1. [開始] ボタンをクリックします。

    2. [ユーザー インターフェイス] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      • 「x64 Edition」が表示されていない場合、32 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。

      • [システム] の下に「x64 Edition」が表示されている場合、64 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。

    どのバージョンの Windows 7 をインストールしたらよいですか。32 ビット バージョンですか、または 64 ビット バージョンですか。

    64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールするには、64 ビット バージョンの Windows を実行できる CPU が必要です。コンピューターに大容量のランダム アクセス メモリ (RAM) を搭載した場合 (通常 4 GB 以上) に、利点が最も顕著に表れます。この場合、64 ビットのオペレーティング システムは大容量のメモリを 32 ビットのオペレーティング システムに比べてより効率的に処理することができるので、64 ビット システムでは、複数のプログラムを同時に実行し、頻繁に切り替える場合に、応答速度が向上します。詳細については、「Windows 7 をインストールおよび再インストールする」を参照してください。

    コンピューターで 64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを知るにはどうしたらよいですか。

    64 ビット バージョンの Windows を実行するには、コンピューターに 64 ビット対応のプロセッサが搭載されている必要があります。Windows 7 または Windows Vista でプロセッサが 64 ビット対応かどうかを確認するには、次の手順を実行します。

    1. [パフォーマンスの情報とツール] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力し、結果の一覧の [パフォーマンスの情報とツール] をクリックします。

    2. 次のいずれかの操作を行います。

      • Windows 7 では、[パフォーマンスとシステムに関する詳細情報を表示および印刷します] をクリックします。

      • Windows Vista では、[詳細の表示と印刷を行います] をクリックします。

    3. [システム] の [システムの種類] で、現在実行しているオペレーティング システムの種類を確認でき、[64-bit 対応] で、64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを確認できます (既に 64 ビット バージョンの Windows を実行している場合は、[64-bit 対応] は表示されません)。

    Windows XP を実行しているコンピューターが 64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

    1. [開始] ボタンをクリックします。

    2. [ユーザー インターフェイス] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      • [システム] に「x64 Edition」が表示されている場合、プロセッサは 64 ビット バージョンの Windows を実行することができます。

      • 「x64 Edition」が表示されていない場合でも、プロセッサが 64 ビット バージョンの Windows を実行できる可能性はあります。正確に確認するためには、Windows 7 Upgrade Advisor Web ページから無料の Windows 7 Upgrade Advisor をダウンロードして実行してください。

    32 ビット バージョンの Windows から、64 ビット バージョンの Windows 7 にアップグレードしたり、または 64 ビット バージョンの Windows 7 から 32 ビット バージョンの Windows に戻すことはできますか。

    現在 32 ビット バージョンの Windows Vista を実行していて、32 ビット バージョンの Windows 7 にアップグレードする場合のみ、Windows 7 のインストール中に [アップグレード] オプションを使用することができます。この場合、ファイル、設定、およびプログラムは保持されます。同様に、64 ビット バージョンの Windows Vista を実行している場合は、別の 64 ビット バージョンの Windows 7 へのアップグレードしか実行できません。詳細については、Windows Web サイトの、「Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問」を参照してください。

    32 ビット バージョンの Windows から 64 ビット バージョンの Windows 7 に移行したい場合、またはその逆を行う場合、ファイルをバックアップし、Windows 7 のインストール中に [カスタム] オプションを選択する必要があります。次に、ファイルを復元し、プログラムを再インストールする必要があります。カスタム インストールの実行の詳細については、「Windows 7 をインストールおよび再インストールする」を参照してください。

    • 32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールするには、64 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用してコンピューターを起動またはブートする必要があります。

    • 64 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用してコンピューターを起動した際に、コンピューターが 64 ビット バージョンの Windows を実行できない場合、Windows ブート マネージャーでエラーが発生します。その場合は、32 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用する必要があります。

    • Windows 転送ツールでは、ファイルを 64 ビット バージョンの Windows から 32 ビット バージョンの Windows に転送できません。64 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているが、32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする場合、ファイルを外部の場所に手動で移動するか、または Windows Vista の [バックアップと復元] を使用できます。詳細については、Windows Web サイトの「ファイルをバックアップする」および「以前のバージョンの Windows で作成したバックアップを復元する」を参照してください。64 ビット バージョンの Windows XP を実行している場合、外部の場所にファイルを手動で移動する必要があります。

    64 ビットのコンピューターで 32 ビットのプログラムを実行することはできますか。

    32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたほとんどのプログラムは、64 ビット バージョンの Windows 上で動作します。ただし、多くのウイルス対策プログラムは例外です。

    32 ビット バージョンの Windows 向けに設定されたデバイスドライバーは、64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターでは動作しません。32 ビット ドライバーしか利用できないプリンターやその他のデバイスをインストールしようとしても、そのデバイスは 64 ビット バージョンの Windows で正しく動作しません。ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイト で入手することもできます。

    32 ビットのコンピューターで 64 ビットのプログラムを実行することはできますか。

    64 ビット バージョンの Windows 向けに特定して設計されているプログラムの場合、32 ビット バージョンの Windows 上では動作しません。(ただし、32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたほとんどのプログラムは、64 ビット バージョンの Windows 上で動作します。)

    64 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたデバイス ドライバーは、32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューター上では動作しません。ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイトで入手することもできます。

    64 ビット バージョンの Windows 7 で動作するプログラムやデバイスはどのようにして探したらよいですか。

    Windows 7 で動作するプログラムやデバイスを見つけるには、「Windows 7 と互換性あり」ロゴの付いた製品を探してください。32 ビットおよび 64 ビットの両方のバージョンの Windows 7 と互換性があることがテストされています。

    また、「Windows 7 互換性センター」にアクセスして、プログラムまたはデバイスが 64 ビット バージョンの Windows 7 と互換性があるかどうかを調べることもできます。ハードウェアおよびソフトウェアの製造元はこの情報を常に更新しているので、頻繁にチェックしてください。

    64 ビット バージョンの Windows を実行する場合、64 ビット バージョンのデバイス ドライバーが必要となりますか。

    はい。64 ビット バージョンの Windows で動作するための 64 ビット ドライバーがすべてのハードウェア デバイスで必要となります。32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたドライバーは 64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターでは動作しません。

    ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイト で入手することもできます。

    Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

    Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)

    Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム) - パソコンソフト皆様へ・グッドプライスで提供しています!

    Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)
    Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)




    ご家庭のPC 3台までインストール可能。
    同梱されるプロダクト キーは 1 つになります。
    そのプロダクト キーを使用して 全部で 3 回までのライセンス認証が可能です。
    ご家庭で複数台 PC を所有されているお客様におすすめです。

    手持ちの PC で最高のエンターテイメントを実現。史上最も使いやすい Windows。

    ホームグループ機能を使ってホームネットワークを簡単に構築し、写真、ビデオ、音楽をPC間で共有することができる。

    また、Windows Media Centerで、テレビの視聴、録画などデジタルエンターテイメントを自在に楽しむことができるホームPCユーザーに適したエディション。

    Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

    パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

    64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。

    そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

    ◆ デジタルライフを実現する、ホームPCユーザーに適したエディション

    ※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

    商品スペック
    【32bit動作環境】 

    CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
    メモリ : 1GBのRAM 
    ハードディスク : ハードディスク上に16GBの空きスペース 
    Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

    【64bit動作環境】 
    CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
    メモリ : 2GBのRAM 
    ハードディスク : ハードディスク上に20GBの空きスペース 
    Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

    Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム),パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Home Premium,ウィンドウズ,ホームプレミアム,

    Windows 8.1 ウィンドウズ 8.1

    あらゆる用途や機器に合わせて使えるように、ユーザーのライフスタイルにフォーカスして再設計した「Windows 8」をさらに改善し、進化させたデスクトップOS

    本製品は、よく使う機能をスタート画面にまとめて、家族や友人、アプリやファイルにすばやくアクセスできる、一般のユーザー、家庭向けのエディション。

    今バージョンでは、パーソナライズ関連や検索機能、アプリ、Windows ストア、クラウド連携、PC設定、スタートボタンなど、様々な機能が追加・強化されている。

    リアルタイムで更新される友人、家族の情報やニュースやアプリを自分の好みにカスタマイズしてレイアウトすれば自分だけのスタート画面の作成が可能。

    また、パフォーマンス、セキュリティなど基本性能も向上しているので、ビジネスにも適している。



    Windows 8.1 ウィンドウズ 8.1
    Windows 8.1 ウィンドウズ 8.1


    商品スペック
    【動作環境】

    [windows]
    対応OS: Windows 8.1
    CPU: PAE、NX、SSE2をサポートする1GHz以上のプロセッサ
    メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
    HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
    メディア: DVD-ROM
    Windows Display Driver Model(WDDM)ドライバーを搭載したDirectX 9対応グラフィクスデバイス、インターネットに接続できる環境が必要 ※画面解像度が1366×768に満たない場合、制限事項が発生する場合がある。DVDを再生するには、専用ソフトウェアが別途必要。Windows Media Centerでテレビの視聴や録画を行うには、テレビ チューナーが必要。一部の機能にはMicrosoftアカウントが必要。タッチ操作などの一部の機能が正しく動作しない場合は、PC製造元のWebサイトを参照して互換性を確認し、http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-to-windows-8にあるアップグレード アシスタントの実行が必要



    Windows 8.1 ウィンドウズ 8.1,パソコンソフト,Windows 8.1,ウィンドウズ

    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト販売 皆様へ激安で提供しています!
    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!

    Windows 10の重要な9つの新機能まとめ



    • ついに2015年7月29日にWindows 10がリリースされました。「Windows最後のバージョン」とも言われる大型アップデートでWindows7/8から無償アップグレードすることが可能であり、今までのWindowsとは異なるさまざまな機能を搭載しているWindows 10ですが、「アップデートするべきなのかわからない」という人も多いはず。そんな人のためにThe Vergeでは、Windows 10になると使えるようになる重要な9個の機能がまとめられています。

      The nine most important updates in Windows 10 | The Verge
      http://www.theverge.com/2015/7/29/9060177/microsoft-windows-10-update-changes-browser-start-menu-cortana-xbox

      ◆1:新しいUI(ユーザーインターフェイス)
      Windows 10にアップデートして最も目に見えてわかる変化は新しいUI。Windows 8のModern UIの特徴を引き継いだフラットデザインで、マウス&キーボード操作と、タッチ操作の両方に対応しています。大量にウィンドウを開いていても、「タスクビューボタン」を押せば一発で起動中のタスクをタイル表示したり、「スナップ機能」で一気に画面を4分割したりのマルチタスキングが可能。また、Macのトラックパッドのようなウィンドウ切り替えジェスチャーも実装しています。


      ◆2:新しいスタートメニュー
      Windows 10のスタートメニューも大きな変化の1つで、Windows 8のような全画面タイプのスタートメニューに変わって、Windows 7以前のスタートメニューとWindows 8のライブタイルを組み合わせたようなデザインになりました。スタートメニューを開くと左側にファイル検索やライブタイルで電源操作などがテキスト表示され、右側に最近使用したアプリなどが表示されるハイブリッド表示となっており、「Windows 8のスタートメニューが使いづらい」というユーザーのフィードバックに基づいて改善されたスタートメニューになっています。

      Windows 10の新しいUIやスタートメニューがどのようなデザインなのかは、以下の記事を見ると一発でわかります。

      「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE


      ◆3:音声認識アシスタント「Cortana」
      これまでWindows Phoneに搭載されていた音声認識アシスタントシステムのCortanaがWindows 10でも使えるようになります。Cortanaに問いかければローカルおよびウェブ上のデータから正しい返答を検索してくれます。また、メールやカレンダーアプリのデータから予定があることを知らせるだけでなく、ルート案内や飛行機チケットの検索などを自動で行ってくれるとのこと。

      実際にWindows 10のCortanaを使っている様子は以下の記事から確認することができます。

      Windows 10で動く「Cortana」はこんな感じ - GIGAZINE


      ◆4:メール・カレンダー・写真・地図アプリ
      Windows 10の標準アプリであるOutlook・カレンダー・写真・地図アプリもアップデートされ、実際に使用したThe Vergeの記者は「正直なところ、すごく使える」と話しています。各種ネイティブアプリはOneDriveとの連携が強化されているほか、OutlookなどはiOS・Androidでも使えるため、自分のスマートフォンと合わせて利用可能。ネイティブアプリをガンガン使っていくことでCortanaの使い勝手も向上すると考えられます。


      ◆5:Continuum
      タブレットモードとPCモードをシームレスに切り替えられる機能が「Continuum」。Surface Pro 3のようなタブレットPCでは、キーボードをオフにするだけで自動的にタブレットモードに切り替わるとのこと。モバイル版のWindows 10搭載スマートフォンが登場すれば、Continuumを十二分に活用できそうです。

      モバイル版「Windows 10」はスマホをPCへと変貌させる新機能を搭載 - GIGAZINE


      ◆6:Edge
      長年にわたって標準ブラウザとしてインストールされてきたInternet Explorerに代わり、新しいブラウザEdgeが搭載され、Chrome・Firefoxの拡張機能をそのまま使える仕様となっています。Edgeが一体どのような機能を備えているのかについては、以下の記事を読むとよくわかります。

      Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 - GIGAZINE


      ◆7:アクションセンター
      Windows 10は、従来のアクションセンターとは異なる機能を備えています。アクションセンターを開くだけでカレンダ―やメールの通知・アプリのアップデート情報・接続しているデバイスなどが一発でわかるようになっており、表示する情報はカスタマイズ可能。スマートフォンの通知のように端末の情報を得ることができるようになっています。


      ◆8:Xbox OneのゲームをストリーミングプレイできるXboxアプリ
      Windows 10に搭載されている新しいXboxアプリは、PCをコンソール機としてXboxのゲームをストリーミングプレイすることができます。もちろんXboxのコントローラーにも対応しており、USB・ワイヤレスのどちらでも操作可能。PCのドライブ上に最大2時間のプレイ動画を録画する機能もあります。「Xboxをプレイするために家族とTVの取り合いをしている人なら、Windows 10にアップデートする理由になる」とThe Vergeの記者は説明しています。

      実際にWindows 10でXboxのゲームをストリーミングプレイしている様子は以下の記事から見ることができます。

      Xbox OneのゲームはWindows 10搭載のPC・タブレットでストリーミングしてプレイ可能であることが判明 - GIGAZINE


      ◆9:生体認証「Windows Hello」
      顔を見せるだけでキーボードに触れることなくPCのロックを解除できる生体認証が「Windows Hello」。顔・指紋・虹彩で認証可能なシステムで、指紋リーダー・赤外線センサー・その他生体認証センサーを搭載している端末で利用可能で、例えばPCの前にユーザーが座るだけでPCのロックが自動的に解除されるわけです。

      Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 - GIGAZINE

      Windows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージ ウィンドウズ7プロフェッショナル

      Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

      Windows 7 Ultimate SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット SP1

      Windows 7 Ultimate(J)通常版(SP1適用済み)へのアップグレード製品

      あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション。
      Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。
      パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。
      64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。
      ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。
      そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。
      Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。 
      さらに、Ultimateでは、Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とWindows 7 Professionalのビジネス機能に加え、BitLockerとBitLocker To Go、AppLocker、ダイレクトアクセス、BranchCache、多言語機能(Webサイトから言語パックのダウンロードが必要)を搭載している。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。
      アップグレード対象製品については、メーカーHP参照。 

      http://www.exsoftmall.com/News/News-83.html 

    Adobe Acrobat X Pro激安販売中

    Adobe Acrobat X Pro アップグレード版 Win版(アクロバット) -パソコンソフト販売 皆様へ激安価格・グッドプライスで提供しています!

    付加価値の高いAdobe PDFを作成、管理、活用するソフトウェア

    Pro版では、「Acrobat X Standard」のすべての機能に加え、様々な種類のファイルを表現力豊かに伝わりやすく整理してまとめたり、日常の作業を効率化するための先進機能などを搭載。

    文書業務の効率化と、伝わるコミュニケーションを実現する。

    今バージョンでは、ユーザーインターフェイスの改善により、ツール類をそれぞれにカテゴリー化してまとめることで、各機能を直観的にすばやく利用することができる。

    これにより、ユーザビリティの向上と、様々な機能を容易に活用することが可能。

    また、PDFポートフォリオ機能の強化では、新しいレイアウトやビジュアルテーマ等により、より表現力豊かで、かつ整理され見やすいPDFポートフォリオを作成して共有することができる。

    アクションウィザードでは、日常で頻繁に使用する複数の作業を、ワンクリックで自動的に処理することが可能。

    作業内容は、予めアクションウィザード上に登録でき、作業内容をファイルに書き出すことができるので、他のメンバーと共有し、同じ作業を行うことが可能。

    さらに、Microsoft SharePointサーバーとの連携では、複数人数によるPDFファイルの編集とバージョン管理をサポートする。

    SharePoint上のPDFファイルを開いている間は、他のユーザーは編集できないように設定することが可能。

    そのほか、ユーザーインターフェイスから、Acrobat.comオンラインサービスの一つであるSendNowを直接利用するこができる。

    SendNowは、オンラインファイル共有サービスで、大きな容量のファイルでも簡単に相手と共有でき、ファイル受領者の閲覧も確認することができる。

    Windows版。

    アップグレード版。

    アップグレード対象は、Acrobat Professional (7/8)、Acrobat 9 Pro。
    ※CreativeSuiteなどの統合製品に含まれるAcrobatのみをアップグレードすることは不可。

    【動作環境】
    [windows]
    対応OS: Windows XP Home/XP Pro/XP TabletPC/Server 2003/Vista Home Basic/Vista Home Premium/Vista Business/Vista Ultimate/Vista Enterprise/Server 2008/Server 2008 R2/7 Starter/7 Home Premium/7 Pro/7 Ultimate/7 Enterprise ※64bitに対応
    CPU: 1.3GHz以上
    メモリ: 512MB以上
    HDD: 1.9GB以上
    メディア: DVD-ROM
    モニタ:1024×576以上
    対応ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 7/8、Firefox 3.5/3.6
    他DVD-ROMドライブ、ビデオハードウェアアクセラレーション(オプション)が必要。
    対応OSは、Win XP(32bit)はSP3、Win XP(64-bit)はSP2が必要。Win Server 2003(64bit)はSP2が必要。
    Win VistaはSP2が必要
    検索:Adobe Acrobat X Pro アップグレード版 Win版 アクロバット,パソコンソフト,価格,販売,Adobe,Acrobat,アップグレード,アクロバット

    ご注文希望のお客様は下記のアドレスをご利用ください。
    http://www.exsoftmall.com

    Windows 8をスタート画面とモダンUIから理解しよう

    • Windowsの使い方/Windows 8の基本

      Windows 8をスタート画面とモダンUIから理解しよう

      Windows 8の操作体系は、モダンUIと呼ばれるもので統一されています。これが最も色濃く表れているのがスタート画面です。ここではスタート画面を中心に使い方を紹介しながら、モダンUIの考え方について解説をしていきます。これがわかればWindows 8が理解できますよ。

      スタート画面でWindows 8が理解できる?

      Windows 8ではモダンUI(旧メトロUI)と呼ばれる操作の概念が採用されています。これは従来のWindowsとは大きく異なり、タッチパネルでの操作や小さなタブレットの画面でも快適に操作ができる新しい操作方法になっています。
      スタート画面

      モダンUIは小さな画面でも快適に操作ができる操作体系になっている


      ロンドンの地下鉄の標識を参考にしたと言われているモダンUIは、シンプルな文字とタイルで統一され、読みやすさに重点をおいています。華美な装飾を必要としないため、Windows Aeroを採用されていたWindows 7のように画面表示能力を必要とせず、性能が低いパソコンでも快適に動かせます。

      このモダンUIを最も反映しているのが、スタートボタンから独立したスタート画面です。タイル上のショートカットが規則正しく整列しているこの画面は様々なパソコンで快適にスクロールでき、チャームやスナップ、アプリ切り替え機能などを呼び出す事でモニタの大きさに制限されない使い方が出来るようになっています。

      そこでここではスタート画面を中心とした使い方を説明しながらWindows 8の考え方を、その中心にあるモダンUIについて解説していきましょう。

      ロック画面

      スタート画面の前に、モダンUIを説明するうえで避けて通れないロック画面についても解説をしておきます。ロック画面はパソコンを立ち上げてまず最初に表示される画面で、日付や天気だけでなくバッテリー残量や無線LAN接続状態、メール受信状況など多彩な情報が表示されています。
      ロック画面

      ロック画面にはログインしなくても各種情報が表示されている


      この便利な機能をちりばめつつもシンプルにまとめられたロック画面は、ログイン後のスタート画面以降に通じるものがあります。

      スタート画面を表示するには、タッチパネル端末では画面をスライドさせて上に、デスクトップならクリックすることでログイン確認が表示されます。タッチなら画面を「どかす」、マウスならクリックして「そこにいる」ことをパソコンに伝えればログインが出来るのです。使い方を難しく考える必要はありません。これこそがモダンUIの根底にある考え方なのです。

      スタート画面

      次にスタート画面を見ていきましょう。スタート画面は、メールやカレンダー、webブラウザである「Internet Explorer 10」などがタイル状に並んでいます。これがモダンUIの基本となります。

      スタート画面

      スタート画面にはアプリやショートカットがタイル状に並んでいる


      このタイルはアプリに対応した挙動をライブとして表示させる事が可能で、例えばメールなら着信した内容の件名が流れ続けますし、天気のタイルは設定した都市の天気を表示します。ピクチャなら保存された画像をフォトフレームのようにランダム再生してくれます。上の画像でもフォトやニュースにライブが表示されています。

      操作も簡単です。タッチパネルの画面なら、指を左右にスワイプ(なぞる)ことで移動させる事が出来ます。Windows 8に対応したタッチパッドなら同じようにタッチパッドを左右になぞる事で同じ操作が可能です。

      Windows 8用PCのLet'sNoteAXのタッチパッド

      Windows 8用PCのLet'sNoteAXのタッチパッドはジェスチャがやりやすいよう非常に大型化している


      Windows 8ではアプリやショートカットなど、すべてをタイルとしてスタートメニューに表示させる事が出来ます。このタイルはサイズを変更したり、並べ替える事も可能です。タイルは右端まで移動させればグループ化もできるので、並べ替えとグループ化を使えば自由に整理する事が出来ます。

      このようにタイルと文字のシンプルな組み合わせでパソコンの操作を「理解」できるのがメトロUIの大きな特徴です。タイルは文字を見ればそれがどんな意味をなしているのかわかりますし、それを「並べ替える」ことで整理ができます。見たままに動かせば何となく使えてしまう。これは次に紹介する機能にも共通しています。

      「画面の外」から呼び出す機能

      次に、画面の外に隠されている機能について紹介します。この機能はスタート画面以外にも使われる共通機能になっています。

      まず最初に、画面右側に隠れているチャームについて説明します。チャームとは「呪文」という意味がありますが、まさしく様々な「命令」を呪文のように行えるのがこのチャームです。

      チャーム機能

      チャームは5つの機能から成り立っている

      チャームは画面の右側からスワイプ、もしくはマウスカーソルを右上に合わせると表示されます。このチャームはスタート画面特有のものではなく、全ての画面で表示されます。チャームは「検索」「共有」「スタート」「デバイス」「設定」の5つのチャームから成り立っていて、それぞれ以下のような機能になっています。

      ■検索チャーム
      検索チャームは入力した文字から検索機能を実行するチャームです。
      スタート画面ではアプリや機能、ファイルなどだけでなく、各種アプリからの検索結果も表示することが出来るようになっています。

      ■共有チャーム
      共有チャームはファイルや情報をインターネット経由で知り合いとやりとりしたり、アプリ同士で情報を共有するのに使います。スタート画面ではあまり使い道がないのですが、例えばアプリの「ピクチャ」で起動させれば写真をメールで送ることができたり、アプリ「People」を経由してFacebookに投稿することができます。

      ■スタートチャーム
      スタート画面に戻るチャームです。スタート画面からは直前に起動していたアプリに移動することが出来ます。

      ■デバイスチャーム
      デバイスチャームは、USBや家庭内ネットワークなどで接続されている周辺機器などを利用するチャームです。スタート画面ではデュアルモニタの設定などを呼び出せますが、アプリによってはプリンタを呼び出して印刷をすることも出来ます。

      ■設定チャーム
      設定チャームはアプリやパソコンの設定を変更するチャームです。スタート画面ではネットワーク接続や音量、画面の明るさ、各種通知、電源、キーボードなどが呼び出せます。

      何かしたい、と思ったら画面の右側からチャームを呼び出す。これを憶えてしまえばWindows 8の基本操作がとりあえず理解できたも同然です。というのも、Windows 8では機能を画面の外から呼び出す操作がチャーム以外にもあり、これをマスターすればたいていのことはできるようになるからです。

      たとえば右クリック、もしくは画面下からスワイプするとコマンドおよびコンテキスト メニューが表示されます。

      コマンドの呼び出し

      コマンドは画面下部に「隠れている」イメージ。


      また、アプリの切り替えや2画面表示のスナップ機能も画面左上から下にマウスカーソルを移動させるか、画面左側からスワイプさせて呼び出します。

      アプリの表示

      アプリの切替は左から呼び出して行う

      これらの画面の外側にある機能の呼び出し方を憶えてしまえば、ほとんどの操作が呼び出せるようになります。そのため呼び出す場所さえ憶えれば、大きくわかりやすいアイコンで必要な機能を見つけることが出来るでしょう。

      見ればわかる。スタート画面のモダンUIこそが、Windows 8の使い方のヒントになっています。皆さんも是非見たままに使ってください。そうすればきっとWindows 8のことが理解できるようになるでしょう。

      Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

      Windows 8 Pro アップグレード版 発売記念プロモーション

      Windows 8 アップグレード版 ウィンドウズ 8 アップグレード

    Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

    • Windowsの使い方/Windows 8の基本

      Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

      Windows XPからWindows 8に移行すると「使いづらい」という人がいますが、それは適切な「周辺機器」を使っていない場合が殆どです。Windows 8は操作体系が大きく変わっただけでなく、その形状もタブレットなど新しいものが増えたため、便利に使うための周辺機器も様変わりしました。ここではそんな周辺機器を紹介します。


      Windows 8はWindows XPの進化版ではない?

      Windows 8は前のバージョンのWindowsから乗り換えた人たちから「使いづらい」と不評を買いやすいOSです。特にWindows XPからの乗り換えでは、Windows 7やWindows Vistaで取り組まれつつあった「クラウド対応」の進化も感じられないため「なんだこれは!」と不評を買いやすいのではないでしょうか。

      しかしWindows 8はそれ以前のWindowsと大きく異なる設計思想と操作体系を持つため、今までの使い方だけでは不便になったと感じるはずです。そこでここではWindows 8を快適に使う周辺機器を紹介していきます。これらの周辺機器も併せて使えば、Windows XPから乗り換えたユーザーの評価もきっと変わるでしょう。

      タッチパネルモニタ

      Windows 8と切っても切れないのが、タッチパネル操作可能なモニタです。デスクトップ型なら、画面を自在に動かせるアームが付いたタッチ操作可能なモニタを使うと、Windows 8の操作性は一気に高まります。例えばDELL社のS2340T 23インチワイド マルチタッチモニタは前後上下に動かせるアームにモニタがついていて、タッチ操作では手前で上に向けて、文字入力時には奥で立てて使ってと、操作によって画面位置を自在に動かすことができます。
      DELL S2340T

      DELL S2340Tはモニタ位置が自在に動く

      自在に動くタッチパネルモニタがあるだけで、Windows 8の操作はぐっと便利になります。もちろん画面がキーボードに近いノートパソコンなら、画面角度を変更するだけでタッチ操作の便利さを感じることができます。Windows 8のノートパソコンを選ぶなら、ぜひタッチパネル付のものを選んでください。

      疑似タッチ機器

      Windows XPのノートパソコンをWindows 8に入れ替えた場合、タッチパネルのモニタに変えることができません。そんな場合には、疑似的にタッチ操作を可能にする周辺機器があります。例えばMVPenテクノロジーのtouch8は、画面横にセンサを取り付けペン型の入力機器を使う事で疑似的にタッチ操作を可能にします。
      MVPen Touch8

      MVPen Touch8を取り付けると疑似的にタッチ操作が可能になる。


      デスクトップ画面では細かなタップが可能になるので、むしろこちらのほうが都合が良いかもしれません。古いノートパソコンにWindows 8を入れた方にはぜひ試していただきたい製品です。

      タッチ操作マウス

      ノートパソコンは手元のタッチパッドが画面のタッチ操作を疑似的に再現できるようになっていますが、デスクトップ型パソコンでもタッチ操作ができるマウスを使えば同じ操作が可能になります。例えばマイクロソフト社のTouch Mouse(タッチ マウス)は、マウスの上を指でなぞるとタッチ操作ができるマウスです。
      Microsoft Touch Mouse

      Microsoft Touch Mouseはマウス上でタッチ操作ができる。

      画面を切り替えるスワイプや拡大縮小をこのマウスで使いこなせるようになると、Windows 8の画面操作が非常に簡単になるでしょう。

      Bluetoothキーボード

      タブレット型のWindows 8パソコンを購入したら必ず用意していただきたいのが、Bluetooth方式で無線接続できるキーボードです。タブレット型なのにキーボード?と思われるかもしれませんが、画面上に現れるソフトウェアキーボードはファンクションキーなどがごっそりと削られていてWindowsのすべての機能が引き出せません。また、Windows 8タブレットは他のタブレット型コンピュータと異なり、非常に文字入力がしやすいコンピュータです。いざというときにキーボードがあると、他のタブレット型コンピュータでは真似できない快適な文字入力が可能になります。

      また、タブレット型のWindows 8パソコンはUSBポートが非常に少なく同時接続できる周辺機器が限られているためか、ほとんどの機種でUSBポートを使わず無線接続ができるBluetooth機能を備えています。この接続方式のキーボードを使えば、貴重なUSBポートを使わずに済むのです。

      例えばlenovo社のThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードはBluetooth接続できるだけでなく、トラックポイントというマウスのようなポインタ機器も備えています。
      ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

      無線で繋がるキーボードとタブレット型パソコンの相性は抜群。

      このキーボードならカフェなどでタブレット型Windows 8パソコンを使う際、狭い机を有効に活用できるでしょう。

      モバイル無線LANルーター

      最後に、タブレット型、小型のノート型、そしてその両方の特徴を持つハイブリッド型のWindows 8パソコンを所有し、かつ持ち歩いている方にお奨めしたいのがどんな場所でもインターネット接続ができるモバイル無線LANルーターです。Windows8はマイクロソフトアカウントを利用して、インターネット上にあるデータを活用できるように設計されています。OfficeのノートアプリであるOnenoteに無料で使えるWindowsストアアプリが用意されたり、SkyDriveで7Gのクラウドストレージにデータを保管したり。スケジュールやメールなどもマイクロソフトアカウントを持っていればすべて無料で利用することができます。
      モバイル無線LANルーター

      モバイル無線LANルーターがあれば外出先でもWIndows8を活用できる


      最近のスマートフォンではテザリングという機能でモバイル無線LANルーターと同様の機能を持つものもあるので、ぜひ移動中にも使えるインターネット環境も整えてください。常にインターネットが使えるようになると、Windows 8で様々なデータをより活用できるようになりますよ。

      Windows(ウィンドウズ) 8

      Windows(ウィンドウズ) XP

      Windows(ウィンドウズ) Vista

      Windows(ウィンドウズ) 7

    Adobe Dreamweaver CS6 Win版激安販売中

    Adobe Dreamweaver CS6 Win版(アドビ ドリームウィーバー) -パソコンソフト販売 皆様へ激安価格・グッドプライスで提供しています!

    Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール。

    今バージョンでは、スクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」機能を搭載したほか、「CSSトランジション」でインパクトのあるアニメーション効果を直感的に作成できるようになっている。

    また、スウォッチパネルからjQuery Mobileテーマをレイアウト上に簡単に追加したり、PhoneGapとの連携強化で、モバイルアプリケーション開発をさらに効率化している。

    Windows版。

    商品スペック
    【動作環境】
    [windows]
    対応OS: Windows XP(SP2)/Vista Home Premium(SP1)/Vista Ultimate(SP1)/Vista Business(SP1)/Vista Enterprise(SP1)/7
    CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降
    メモリ: 512MB以上
    HDD: 1GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
    メディア: DVD-ROM
    モニタ:1280×800、16bitカラー以上 他DVD-ROMドライブ、Java Runtime Environment 1.6が必要 ※マルチメディア機能を利用するために、QuickTime 7.6.6が必要。最新の必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/dreamweaver_systemreqs_jp)

    ご注文希望のお客様は下記のアドレスをご利用ください。
    http://www.exsoftmall.com

    プロフィール

    exofficesoft

    ギャラリー
    カテゴリー
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


    Twitterボタン