Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

2015年09月

Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法

Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法
 
  • Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法

    「応答なし」の停止方法と回避方法

    応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。

    「応答なし」の停止方法と回避方法

     


    応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。

    応答なし状態で停止時の操作

    1. タスクバーを右クリック→タスク マネージャーの起動
    2. 「Windows タスク マネージャー」というウィンドウが表示されます。
    3. 「アプリケーション」タブの起動中のプログラム一覧表示内で、状態が「応答なし」のプログラムをクリックして「タスクの終了」をクリック

    レジストリの変更による「応答なし」時間の延長手順

    1. スタート→「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力し、レジストリエディターを起動します。
    2. 下記の順にたどってクリックします。
      [HKEY_CURRENT_USER] → [Control Panel] → [Desktop]
    3. [Desktop]で右クリック
      「新規」→「文字列値」
      「値の名前」もしくは「新しい値」に「HungAppTimeout」と入力
      「HungAppTimeout」をダブルクリック→「値のデータ」に希望の数値を入力
      (例:20000=20秒。Windows7は、標準で5秒間あるソフトからの応答がないと「応答なし」となるようになっています。)
    4. 再起動後に設定が有効になります。

    ■注意点
    レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。 

 

Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション - パソコンソフト販売 皆様へ激安価格・グッドプライスで提供しています!


Windows 8 からWindows 8 Pro with Media Centerへアップグレードするエディション

会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとするWindows 8 Pro のより強化された機能とWindows Media Center でテレビの視聴や録画も楽しめます。

プロダクト キーのみのご提供。

win8からwin8proへエディションUPGが出来る商品です。

商品スペック
【動作環境】

[windows]
対応OS: Windows 8 Pro
CPU: 1GHz以上
メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
Windows Display Driver Model(WDDM)ドライバーを搭載したDirectX 9対応グラフィクスデバイス、インターネットに接続できる環境が必要 
※画面解像度が1366×768に満たない場合、制限事項が発生する場合がある。DVDを再生するには、専用ソフトウェアが別途必要。
Windows Media Centerでテレビの視聴や録画を行うには、テレビ チューナーが必要。一部の機能にはMicrosoftアカウントが必要。
タッチ操作などの一部の機能が正しく動作しない場合は、PC製造元のWebサイトを参照して互換性を確認し、メーカーHPにあるアップグレード アシスタントの実行が必要

Windowsの原因不明のトラブル

原因不明のトラブルが発生したら、まずシステム情報を確認してください。システム情報には、BIOSやデバイスドライバのバージョン、ソフトウェア環境など詳細なデータが表示され、原因不明のトラブル解決に重要なヒントを与えてくれます。また、ハードディスクやメモリの増設、OSのバージョンアップなどにより、パソコンが不安定になった場合にも、システム情報が役に立ちます。

Windows Vistaでは[スタート]メニューの[検索]ボックスを使うと、簡単に[システム]情報を表示できます。

まず、[スタート]ボタンをクリックします。[スタート]メニューが表示されたら、[検索]ボックスに「msinfo32.exe」と入力します。検索結果をクリックすると、[システム情報]ダイアログボックスが表示されます。この画面で、BIOSのバージョンやハードウェアリソースの競合などのデータを確認してください。

原因不明のトラブル


雑誌やインターネットで配布されているアプリやデバイスドライバをインストールしてWindowsが不安定になった場合は、[システムの復元]が役に立ちます。復元ポイントを指定して元の状態に戻すことができます。

[スタート]メニューの[検索]ボックスに「システム」と入力します。検索結果が表示されたら、[システムの復元]をクリックします。

[システムの復元]を実行しても、メールメッセージや自分で作成したWordなどの文書ファイルは削除されませんので安心です。

原因不明のトラブル


この他にも原因不明のトラブル対策についての記事が用意されていますので、ぜひご利用くださいhttp://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Professional-2013-201596102122.html
http://www.exsoftmall.com

Windows 7でDVDやBlu-rayにデータを書き込むには

  • Windowsの使い方/Windowsのファイル・フォルダ

    Windows 7でDVDやBlu-rayにデータを書き込むには

    Windows 7でCDやDVD、Blu-rayに保存する方法を紹介します。また、それぞれのメディアの規格についてもあわせて紹介します。

    Windows 7でDVDやブルーレイディスクにデータを書き込むには?

    Windows 7では、パソコンに書き込み用のドライブがあれば、DVDやブルーレイディスクににデータを保存したり、レコーダーで鑑賞できるビデオディスクが作成できます。
    パソコンのドライブ

    ドライブがあればDVDやブルーレイディスクを作成する事ができる。


    しかしDVDやブルーレイなどのメディアには、それぞれに複数の規格があったり、書き込み時の方法が一つでなかったりと初心者には敷居の高い部分があります。

    そこでここでは、これらのディスクの種類や特徴とドライブの対応状況、データの書き込みやビデオディスクの作り方について説明します。全て読めばDVDやブルーレイを作れるようになりますよ。

    次のページは、まず知っておきたい、DVD、ブルーレイディスクの規格について解説します。

    メディアの種類を確認しよう(CD編)

    それではまず、最も安価で普及しているCDから確認していきましょう。CDと呼ばれる記録用メディアには、データを一度だけ書き込めるCD-Rと1000回以上の書き換えができるCD-RWがあります。

    ・CD-R
    ・CD-RW

    CD-Rメディア

    書き込み可能なCDは規格も少ないが、CD-Rが最も普及している


    現在発売されているCD-R対応ドライブは両方に対応しています。また、DVDやブルーレイドライブはCD-Rにも対応しています。ただしCD-RWについては、メディアが読み取りしにくいため、一部のドライブでは読み込めない場合があるので注意が必要です。


    メディアの種類を確認しよう(DVD編)

    DVDと呼ばれる記録用メディアは数多くの規格があり、主要なものだけでも以下の5つの製品の規格があります。ただし容量は共通で1層タイプだと約4.7G、2層タイプでは8.54Gとなり、両面になるとその倍の容量になります。なお、現在発売されているDVDドライブはほぼ全ての製品が全ての規格に対応しています。

    ・DVD-R / DVD-RW
    ・DVD-R DL / DVD-RW DL
    ・DVD-RAM
    ・DVD+R
    ・DVD+RW


    この中で最も普及しているのがDVD-Rで、データを一度だけ書き込めるメディアです。複数回書き込めるようにしたものがDVD-RWですが、ドライブの性能によっては読み込めない可能性があることと、DVD-Rに比べ数倍の値段になることもあり、あまり普及していません。

    片面のみに記録できるものと両面に記録できるものがありますが、ラベルが書き込める片面式のものは値段も安く、圧倒的に普及しています。DVD-R DLとDVD-RW DLは、それぞれDVD-R、DVD-RWが2層構造になったものです。片面式と比べ容量が倍ありますが、両面式のものはありません。
    DVD-Rメディア

    DVDは様々な規格が乱立してるがDVD-Rが最もポピュラー


    DVD-RAMはカセット型で提供されることの多いメディアで、性能的にはDVD-Rや他のメディアを上回る点が多いことが特徴です。ただしDVD-RWと同様DVD-Rと比べ高価なことと、記録方式が全く異なるため普及当初に対応ドライブが少なかったことなどもあり、それほど普及していません。

    DVD+RもDVD-Rより高性能な規格で海外ではシェアも多いのですが、再生時に振動の影響を受けやすかったり、地デジ録画に必要なCPRM規格に対応できないため、同じく普及していません。

    ドライブはよほど古いものでない限り、上記全てのメディアに対応しています。最近はCD専用のドライブが殆どなくなったため、現在発売されているパソコンで書き込み可能なドライブがついているものなら、上記の全てのメディアに書き込みが可能でしょう。ブルーレイドライブなら、CD、DVDへの書き込むことができます。


    メディアの種類を確認しよう(ブルーレイ編)

    ブルーレイの記録用メディアはDVDのように規格が乱立しておらず、1層~2層のBD規格と3層~4層のBDXL規格の2種類となります。

    DVDと同じく一度だけデータの書き込みができるものが「R」、1000回以上の書き換えが可能なものは「RE」となり、今のところ片面の製品しかありません。1層あたりの容量はBD規格は25Gとなっていますが、BDXLは3層タイプで100GB、4層タイプで128GBとなっていますが4層タイプはまだ製品化がされていません(2012/08現在)。

    BD規格
    1層の製品
    ・BD-R
    ・BD-RE
    2層の製品
    ・BD-R DL
    ・BD-RE DL

    BDXL規格
    3層の製品
    ・BD-R XL
    ・BD-RE XL
    BD-Rメディア

    ブルーレイは1層式のBD-Rが最も安く、普及している


    BDXL規格のメディアは対応ドライブがまだ少ないので注意が必要ですが、BD規格のメディアならば、現在発売されているほぼ全ての製品が対応しています。ここ1~2年以内に購入したドライブなら、ほとんどの製品は対応していると思います。

    次のページでは、実際にデータを書き込む方法を解説します。

    2種類の書き込み形式を使い分けよう

    メディアにはそれぞれでいくつかの種類があることを紹介しましたが、実は記録方法にも以下の2種類の方法があります。

    ・ライブファイルシステム形式
    ・マスター形式

    ライブファイルシステム形式はメディアをUSBメモリなどと同じように、自由に書き込みができる方法です。CD-RWやDVD-RW、BD-RWなど繰り返しデータを書き込めるメディアであれば、書き込みだけではなく、変更や削除も可能になります。ただしこの形式で作成されたメディアは、Windows XP以降のパソコンでないと読み取れません。また、DVDやブルーレイのプレイヤーでの読み取りもできません。

    マスター形式はブルーレイプレイヤーなどの専用プレイヤーでも読み込めるディスクを作成する方法です。この形式で作成したメディアはほとんどのPCで使用できますが、ライブファイル形式のようにファイルの追加や編集、削除ができません。

    繰り返しデータを書き込むときにはライブファイル形式、まとめて書き込むときやプレイヤーで使うメディアを作成するときにはマスター形式を使う、と覚えておきましょう。


    実際にメディアを作成する

    各メディアの種類や書き込み方法がわかったところで、実際に書き込みをしてみましょう。

    空のメディアを書き込み可能なドライブにセットすると、2種類の記録方法のどちらかで作成するかを選択する画面が表示されます。「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選ぶとライブファイルシステム形式、「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選ぶとマスター形式になります。
    書き込み方法選択画面

    この選択画面から書き込み形式を選ぶ。


    ライブファイル形式では、まずフォーマット(初期化)をする必要があります。以下のような画面が表示されます。その際、注意しなければならないのがファイルシステムです。そのメディアを読み込む機器によって、フォーマットを変更する必要があります。
    フォーマット画面

    フォーマットのファイルシステムは、そのメディアを読み込む機器で変更が必要


    フォーマットの対応は以下のようになっています。

    ・1.02 Windows 98 および多くの Apple コンピュータで互換性がある。 
    ・1.5  Windows 2000、Windows XPと互換性がある。
    ・2.01 Windows XPと互換性がある。(既定のバージョン)
    ・2.5  WindowsVistaやWindows 7での互換性がある。

    ただしブルーレイは、2.5でないとフォーマットができません。

    フォーマットが完了すると、ハードディスクのようにデータを自由に書き込めるようになります。以下のようにデータをフォルダにドラッグすると、書き込みの準備が始まります。
    データコピーイメージ

    データをこのようにドラッグなどしてコピーする


    準備が整うと、以下のような準備完了のバルーンが表示されます。
    バルーン表示

    このようなバルーンメッセージが表示される


    このバルーンをクリックするか、ドライブを開くと書き込み準備ができたファイルやフォルダが表示されます。あとは「ディスクに書き込む」をクリックすれば書き込みが開始されます。
    書き込み準備画面

    後は書き込みを実行していくだけ。


    フォーマットしたディスクにはじめて書き込む際にはディスクの名前を決めます。名前は決めなくても使えますが、付けておくと管理するときに便利でしょう。
    書き込み準備画面

    ディスク名称や書き込み速度等を設定する。


    書き込みが無事完了したらディスクを取り出します。これで作業は完了です。

    マスタ形式で書き込みを行う場合には、最初にフォーマットをする必要はありません。基本的にはライブファイル形式と同じように作業を進めます。

    Windows8.1 通常版 Update適用済み

    Windows 8 Pro 発売記念優待版

    Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

ソフトの在庫と種類が更新しました

いつもお世話になります。

PCソフトの専門販売店、ex-officesoftでございます。

本日は、下記のソフトを大量に入荷いたしました。ご必要の方はぜひ下記のアドレスをご利用ください。

Acrobat XI Pro Mac 日本語製品版 

http://www.exsoftmall.com/product-adobe005.html

マイクロソフト Microsoft Office Personal 2013 [PC2/1ライセンス Windows]  http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Personal-2013-201595212018.html

Microsoft Office Professional 2013(オフィス プロフェッショナル) 

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Professional-2013-20159610726.html

Microsoft Office OneNote 2007(オフィス ワンノート)

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-OneNote-2007-201596123350.html

Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Access-2013-20159884214.html

Windows 7 Ultimate ウィンドウズ7アルティメット 32ビット版DVD64ビット版DVDメディア同梱

http://www.exsoftmall.com/product-Windows-7-Ultimate-20159974529.html

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

http://www.exsoftmall.com/product-Windows-7-Professional-2015997551.html

Windows Vista Ultimate SP1(ウィンドウズ ビスタ アルティメット)アップグレード版

http://www.exsoftmall.com/product-Windows-Vista-Ultimate-SP1-201591091713.html

Windows XP Home Edition アップグレード SP1 ウィンドウズXP ホームエディション アップグレード版

http://www.exsoftmall.com/product-Windows-XP-Home-Edition-SP1-2015910111045.html

Microsoft Office PowerPoint 2013 オフィス パワーポイント

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-PowerPoint-2013-2015910195931.html

Adobe Dreamweaver CS5.5 Win アドビ ドリームウィーバー

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Dreamweaver-CS5.5-Win-2015914122945.html

Adobe Photoshop Elements 13 & Premiere Elements 13 乗換え・アップグレード版 アドビ フォトショップ&プレミア

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Photoshop-Elements-13-Premiere-Elements-13-2015917223653.html

Adobe Premiere Elements 13 Win/Mac アドビ プレミア エレメンツ

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Premiere-Elements-13-Win-Mac-2015917224710.html

Adobe Acrobat X Pro アップグレード版 Win アクロバット

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Acrobat-X-Pro-201591722577.html

Adobe Photoshop Elements 10 Win/Mac アドビ フォトショップ エレメンツ

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Photoshop-Elements-10-Win-Mac-2015917232229.html

Adobe Acrobat 8 Professional Win アドビ アクロバット 8 プロ

http://www.exsoftmall.com/product-Adobe-Acrobat-8-Professional-Win-2015917233122.html

マイクロソフト Microsoft Office Home and Business 2013 日本語版 [Windowsソフト ダウンロード版]

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Home-and-Business-2013-20159521179.html

マイクロソフト Microsoft Office Professional 2013 アカデミック版 [Windows]

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Professional-2013-20159521363.html

Microsoft Office Ultimate 2007(オフィス アルティメット)

http://www.exsoftmall.com/product-Microsoft-Office-Ultimate-2007-201596104023.html

Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

http://www.exsoftmall.com/product-Windows-8-Pro-Pack-20159882837.html

本店がまじめで経営して、一番信用できる店なんです、販売したソフトは絶対正品と保証できます、お客様はご安心にご利用ください。
お客様にもっともよい品質な商品、及びアフタ-サービスを提供して差し上げるように力を入れております。
プロフィール

exofficesoft

ギャラリー
カテゴリー
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ

Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


Twitterボタン