Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

2015年10月

Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語

Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語


Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語
Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語





Windows7 Pro ダウンロード版
を始めました。24時間いつでも買えて、いつでもインストールができる、ダウンロード版の便利さをぜひお試しください。
Windows7 Pro ダウンロード版ISO ファイルから CD または DVD を書き込む
当店で販売しているすべてのプロダクトキーはインターネット認証および電話認証を保証しております。

メーカーより
「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

Windows 7 Professional Sp1 (プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
?Windows XPモード機能搭載
?ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
?暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
?Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。


●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

windows7 professional sp1 32bit システム要件
CPU:1GHz以上
メモリ:1GB以上
ハード ディスク:16GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

windows7 professional sp1 64bit システム要件
CPU:1GHz以上
メモリ:2GB以上
ハード ディスク:20GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx)


Windows 7 アップグレード対象製品?方法
パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△:新規インストール(カスタム)のみ可能
WAU:Windows Anytime Upgrade対象
※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。

Windows7 エディション別機能比較一覧
Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx) 

Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

「起動?シャットダウンの高速化」
Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。




「ディスプレイメモリ消費量の改善」
Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



「高い互換性実現への取り組み」
互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
マイクロソフト「互換性情報サイト」
( http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx )
*Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。

マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
<お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

(http://www.microsoft.com/japan/customer/info/)


Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語版,windows 7, professional, ダウンロード版,pro, 32bit,
  • Microsoft Windows7 64bit SP1 日本語 ウィンドウズ 7 64bit SP1 ダウンロード版
  • Microsoft Windows 8 Pro ウィンドウズ 8 プロ ダウンロード版
  • タブレット デバイスでのご利用方法

    タブレット デバイスでのご利用方法


    Office 365 サービス (Office Premium 搭載パソコン専用)、Office 365 Solo では、最大 2 台のタブレットに Office をインストールできます。こちらでは iPad でのインストール方法をご紹介します。Android タブレットの場合はこちらをご確認ください。

    ※Office 365 サービス (Office Premium 搭載パソコン専用)、Office 365 Solo の Office デスクトップ アプリケーション インストール方法はこちらからご確認ください。

    STEP1

    App Store で "Microsoft Word"、または "Microsoft Excel"、または "Microsoft PowerPoint" を検索します。

    STEP2

    [ 無料 ] ボタンをクリックしてダウンロード、インストールします。

    STEP3

    アプリのアイコンが表示されるので、クリックします。

    STEP4

    Word が起動します。

    STEP5

    各説明を左にスクロールして確認します。

    STEP6

    サイン画面が表示されるので、[ サインイン ] をクリックします。(6-A)
    「Microsoft アカウントでサインインしない場合 (後でサインイン) 」 (6-B) 

    STEP7

    Office 365 サブスクリプションが関連づいている Microsoft アカウントでログインします。(7-A)
    「Office 365 サブスクリプションなしの Microsoft アカウントでログインした場合」 (7-B) 

    STEP8

    [ Microsoft アカウント ] を選択します。(※ 表示されない場合もあります)

    STEP9

    パスワードを入力します。

    STEP10

    自動的にライセンス認証が行われます。

    STEP11

    ライセンス認証が行われると下記の画面が表示され、フル機能が使用できるようになります。

    Office 365 サブスクリプションなしの Microsoft アカウントでログインした場合: (7-B)
    7-B-i. Office 365 サブスクリプションが関連づいていない Microsoft アカウントを入力し、[ 次へ ] をクリックします。

    7-B-ii. 表示される画面から、[ Microsoft アカウント ] を選択します。(※ 表示されない場合もあります)

    7-B-iii. パスワードを入力します。

    7-B-iv. ライセンス認証が自動的に行われます。

    7-B-v. 下記の画面が表示されたら、[ 無料で作成および編集する ] をクリックし、利用を開始します。

    7-B-vi 上の画面で [ プレミアムに変更 ] をクリックすると、下記の画面が表示されます。

    [iPad および iPhone でプレミアム機能のロックを解除する ] (7-B-v'-a) 



    7-B-vi-c-i. [ Office 365 Solo] をクリックすると、iTunes Store にサインインの画面が表示されます。

    7-B-vi-c-ii. [ 購買の確認 ] 画面が表示されますので、購入製品および金額を確認して、[ 確認 ] をクリックします。

    7-B-vi-c-iii. 支払情報確認の画面が表示されますので、[ 続ける ] をクリックします。

    7-B-vi-c-iv. [ アカウント ] 情報が表示されますので、内容を確認し、セキュリティコードを入力し、[ 終了 ] をクリックします。

    7-B-vi-c-v. 購入確認の画面が表示されますので、確認後、[ 購入する ] をクリックします。

    7-B-vi-c-vi. 購入完了画面が表示されますので [ OK ] をクリックします。

    7-B-vi-c-vii. プレミアム機能付きの Wordに変更されます、[ ドキュメントを作成および編集する ] をクリックして、利用開始します。

    Microsoft アカウントでサインインしない場合 (6-B):
    6-B-i. [ 後でサインイン ] を選択します。

    6-B-ii. 下記の画面が表示されます。[ 無料で表示 ] を選択します。

    6-B-iii. 新規をクリックします。

    6-B-iV. 読み取り専用モードで開きます。

    App Store で購入した Office 365 Solo の自動更新をオフにする方法

    STEP1

    [ 設定 ] アイコンをクリックして、 [iTunes & App Store] を選択します。

    STEP2

    Apple ID : をクリックします。

    STEP3

    下記の画面の [ Apple ID を表示 ] をクリックします。

    STEP4

    アカウントの画面の購読の [ 管理 ] をクリックします。

    STEP5

    [ 自動更新 ] を [ オフ ] にします。

    App Store で購入した Office 365 Solo のマイアカウントページ:

    トップへ戻る

    App Store で購入した Office 365 Solo 月間サブスクリプションを年間サブスクリプションに変更する方法

    STEP1

    [ 設定 ] アイコンをクリックして、 [iTunes & App Store] を選択します。

    STEP2

    Apple ID : をクリックします。

    STEP3

    下記の画面の [ Apple ID を表示 ] をクリックします。

    STEP4

    アカウントの画面の購読の [ 管理 ] をクリックします。

    STEP5

    Office 365 Solo の画面上で、1 年 \11,800 をタップします。

    STEP6

    購読の確認画面が表示されますので、内容を確認し、[ 確認 ]をタップします。

    STEP7

    年間サブスクリプションに変更されると下記の画面のように 1 年の方にチェックが入った状態となります。

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ

    付加価値の高いAdobe PDFを作成、管理、活用するソフトウェア。
    PDFを最終ファイルとして作成・保存するだけではなく、より簡単に、文書業務ワークフローで活用することができ、文書業務の効率化と、伝わる文書コミュニケーションを実現する。

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ
    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ



    今バージョンでは、ユーザーインターフェイスの改善により、ツール類をそれぞれにカテゴリー化してまとめることで、各機能を直観的にすばやく利用することができる。

    これにより、ユーザビリティの向上と、様々な機能を容易に活用することが可能。
    また、PDFポートフォリオ機能の強化では、新しいレイアウトやビジュアルテーマ等により、より表現力豊かで、かつ整理され見やすいPDFポートフォリオを作成して共有することができる。
    アクションウィザードでは、日常で頻繁に使用する複数の作業を、ワンクリックで自動的に処理することが可能。
    作業内容は、予めアクションウィザード上に登録でき、作業内容をファイルに書き出すことができるので、他のメンバーと共有し、同じ作業を行うことが可能。
    さらに、Microsoft SharePointサーバーとの連携では、複数人数によるPDFファイルの編集とバージョン管理をサポートする。
    SharePoint上のPDFファイルを開いている間は、他のユーザーは編集できないように設定することが可能。
    そのほか、ユーザーインターフェイスから、Acrobat.comオンラインサービスの一つであるSendNowを直接利用するこができる。
    SendNowは、オンラインファイル共有サービスで、大きな容量のファイルでも簡単に相手と共有でき、ファイル受領者の閲覧も確認することができる。

    【動作環境】 
    OS : MacOS X 10.5.8/10.6.4 
    機種 : Intel搭載Mac 
    CPU : intel CPU 
    ハードディスク : 1.2GB以上 
    メモリ : 512MB以上 
    メディア : DVD-ROM 
    モニタ : 1024×576以上 
    対応ブラウザ : Safari 4/5 
    他DVD-ROMドライブが必要 
    ※Safari 5はMacOS 10.6.4が必要

    Adobe Acrobat X Pro Mac版 アクロバット X プロ,パソコン,パソコンソフト,Adobe,Acrobat,X,Professional,mac,アクロバット,プロフェッショナル
  • Adobe Acrobat 9 Pro Mac版 アドビ アクロバット 9 プロ
  • iWork '09 APPLE/アップル


  • Twitterボタン

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス
     
    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス
    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス



    データベース管理ソフトウェア


    アプリケーション開発の知識がなくても、連絡先の管理やお客様への請求、注文の追跡など、業務や部門を支援するSharePoint向けカスタム アプリケーションをすばやく作成できる。

    今バージョンでは、直感的な「アプリケーション エクスペリエンス」により、親しみやすく、使いやすい操作性を実現している。

    本製品を使用すれば、機能やコマンドを確実に見つけられるので、ユーザーは業務ニーズを満たすための変更作業に専念できるほか、使いやすく見た目にも美しいAccessアプリケーションを自動的に完成させることができる。

    同一ユーザーが使用する合計2台までのPCにインストール可能。


    商品スペック
    【動作環境】

    [windows]
    対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応
    CPU: SSE2対応の1GHz以上
    メモリ: 2GB以上
    HDD: 3GB以上
    モニタ:1366×768以上 他Microsoftアカウント、インターネットに接続できる環境が必要

    Microsoft Office Access 2013 オフィス アクセス,パソコンソフト,Microsoft,Office,Access,マイクロソフト,オフィス,アクセス

  • Microsoft Office PowerPoint 2013 オフィス パワーポイント
  • Microsoft Office Personal 2013 オフィス パーソナル

  • Twitterボタン

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版

    内容紹介
    「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

    Windows 7 Ultimate(アルティメット)
    「Windows 7 のメリットを最大限に活用したいお客様向けの、全機能搭載エディション」
    ?Windows7の全機能を搭載しているので、家庭でも仕事でも様々なシーンで安心してお使いいただけます。
    ?Ultimateだけの機能、Bitocker、Bitlocker To Goにより内蔵HDDもUSBメモリも丸ごと暗号化できるので、重要なデータを安全に持ち運べます。
    ?35カ国の言語に対応しているので、お客様にあわせて言語を選択できます。


    ●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
    Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。


    Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

    「起動?シャットダウンの高速化」
    Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
    結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。



    「ディスプレイメモリ消費量の改善」
    Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
    インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



    「高い互換性実現への取り組み」
    互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
    マイクロソフト「互換性情報サイト」
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx
    *Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。


    ●Windows 7 システム要件
    【32ビット版】
    CPU:1GHz以上
    メモリ:1GB以上
    ハード ディスク:16GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    【64ビット版】
    CPU:1GHz以上
    メモリ:2GB以上
    ハード ディスク:20GBの空きスペース
    グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

    Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx

    Windows 7 アップグレード対象製品?方法
    パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


    ●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
    △:新規インストール(カスタム)のみ可能
    WAU:Windows Anytime Upgrade対象
    ※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
    ※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
    ※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。


    ●Windows7 エディション別機能比較一覧
    Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
    http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx


    ●マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
    <お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
    TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)
    Windows7 ウインドウズ7 Ultimate 64bit SP1 日本語 ダウンロード版
    プロフィール

    exofficesoft

    ギャラリー
    カテゴリー
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


    Twitterボタン