Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

2015年10月

Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版

Adobe Dreamweaver cs6(アドビ ドリームウィーバー)(日本語)正規版 シリアル番号、ユーザー登録可、 新規インストール?アップデートは可能です。同一ユーザーが使用する合計2台までのPCにインストールできます。

ダウンロードに関するヘルプ
http://helpx.adobe.com/jp/download-install.html

Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール。今バージョンでは、スクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」機能を搭載したほか、「CSSトランジション」でインパクトのあるアニメーション効果を直感的に作成できるようになっている。また、スウォッチパネルからjQuery Mobileテーマをレイアウト上に簡単に追加したり、PhoneGapとの連携強化で、モバイルアプリケーション開発をさらに効率化している。 


Adobe dreamweaver CS6 最新「可変グリッドレイアウト」や「CSSトランジション」
新しい「可変グリッドレイアウト」や「CSSトランジション」、さらにjQuery MobileおよびPhoneGapTMのサポート機能強化により、HTML5/CSS3ベースのWebサイトおよびアプリケーションを効率的に作成できます。

こんな方におすすめ
HTML5、CSS3、jQueryなどの最新テクノロジーを用いた標準規格ベースのWebサイトを制作したい方に最適。デスクトップのみならず、スマートフォンやタブレットでも最適に表示されるWebページをすばやく作成できます。

?スクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」
?「CSSトランジション」でインパクトのあるアニメーション効果を直感的に作成
?jQuery MobileやPhoneGapとの連携で、モバイルアプリケーション開発を効率化

ウトが変化する「可変グリッドレイアウト
様々なデバイスやスクリーンサイズに応じてレイアウトが変化する「可変グリッドレイアウト」をサポート。グリッド上の直感的な操作で、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの3種のレイアウトを一度に作成、プレビューすることができます。 

モバイル、タブレット
※ウィンドウ下部のビューボタンをクリックして、モバイル、タブレット、デスクトップでのレイアウト表示をすばやく確認できます

CSSトランジション
複雑なコードを記述することなく、インタラクティブなアニメーション効果を簡単にWebページに追加できます。新たに「CSSトランジション」パネルが追加され、CSSプロパティの変化によるトランジションを直感的に設定することが可能になりました。 

AIR Captive Runtime
※カーソルを当てるとパネルがせり上がるといったトランジション効果を簡単に設定できます


 dreamweaver Professional CS6用の機能拡張
新しい「jQuery Mobileスウォッチ」パネルから、jQuery Mobileテーマをページ全体または個々のエレメントに簡単に追加、指定できるようになりました。Dreamweaver CS6に用意されたテーマの他、Fireworks CS6で作成したテーマを利用することも可能です。

jQuery Mobileスウォッチ
新規ドキュメントのサンプルに「モバイルスターター」が追加され、jQuery Mobileフレームワークを利用したモバイルアプリケーション開発がすぐに始められます。
モバイルスターター 


製品概要:
?Webサイト&インターネットアプリケーション開発のためのオーサリングツール
対応OS: Windows XP(SP3)/7(SP1)/8/8.1
CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降
メモリ: 512MB以上
HDD: 1GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
?モニタ:1280×800、16bitカラー以上 他DVD-ROMドライブ、Java Runtime Environment 1.6が必要 ※マルチメディア機能を利用するために、QuickTime 7.6.6が必要。
最新の必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/dreamweaver_systemreqs_jp)
Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版
Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版



ドリームウィーバー, ホームページビルダー, dreamweaver ,ホームページ作成,ソフト,cs6 ,Adobe Dreamweaver アドビ アドビ ドリームウィーバー CS6 ダウンロード版 日本語Win/Mac版

Microsoft Office のおすすめ TIPS-画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

画像やクリップアートをドキュメントに追加する場合、bing を使用すると Web 上の無数のクリエイティブ コモンズ ライセンスの画像にアクセスできます。
新しい Office では、[オンライン画像] ウィンドウから画像を検索すると、自動的に bing に接続されるため、画像をドキュメントに挿入するためにブラウザーを開いたりドキュメントから離れたりする必要はありません。

ここでは、Word 2013 を例に Office の [オンライン画像] ウィンドウからオンライン クリップアートを検索する方法をご紹介します。

※画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

1. Word 2013 を開き、画像を挿入したい場所にカーソルを合わせます。

2. [挿入] タブをクリックし、[画像] の [オンライン画像] をクリックします。

3. [bing イメージ検索] ボックスに、検索する語句を入力し、右端の「検索」ボタンをクリックします。

ヒント
クリップアート画像を検索する場合は、検索文字列に「クリップアート」を追加します。たとえば、「パソコン クリップアート」、「枠線 クリップアート」のように入力します。

4. 入力したキーワードで検索された画像が表示されます。
(クリエイティブ コモンズによってライセンスされた画像が表示されます。)

ヒント
bing のフィルターは、クリエイティブ コモンズ ライセンス(新しいウィンドウが開きます) システムに基づいています
画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

5. 使いたいクリップアートをクリックして選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

ヒント
「Ctrl」キーを押しながら画像をクリックすると、複数のイラストを同時に選択できます。この状態で「挿入」ボタンをクリックすると、一度に 2、3 点の絵を文書に挿入することができます。
ヒント
検索結果に表示される画像が少ない場合は 「すべての Web 検索結果を表示」をクリックするとライセンス以外の画像を確認することができます。

6. カーソル位置にイラストが挿入されます。

参考: 画像のライセンスの確認方法

画像のライセンス方法を確認したい場合は、以下の手順で確認することができます。

  • 1. 検索結果で表示された画像を選択する
  • 2. 左下に表示された URL をクリックして、配布元のサイトにアクセスし、ライセンスについて確認する

Office Personal 2013 日本語通常版 2PC

Office Home and Business 2013 日本語通常版 2PC

※外箱若干ヘコミ Office Professional 2013 日本語通常版 2PC

Office Professional 2013 アップグレード優待版

Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード

フローチャート図やオフィスレイアウト図、ネットワーク図等、様々な作図に効果的な作図ソフト。

これまでの作図機能に加え、新たにデザイン機能も格段に向上し、これまでもよりもっと簡単に、もっとグラフィカルな図面を作成することが可能に。

テーマやバリエーション機能を活用し、利用シーンや相手に合わせて見栄えを簡単することも簡単。

よりコミュニケーションを円滑に進めることができます。

また、図面の共同編集も可能になっており、チームでコミュニケーションしながらブラッシュアップも行えます。

編集終了後、SharePointに保存することで、 Visioを持っていないユーザーとでもブラウザー経由で簡単に共有することができます。

Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード
Microsoft Visio Standard 2013 マイクロソフト ビジオ スタンダード



商品スペック
【動作環境】

[windows]
対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応
CPU: SSE2対応の1GHz以上
メモリ: 32bit版は1GB以上、64bit版は2GB以上
HDD: 2GB以上
モニタ:1024×576以上
対応ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 8以降、Mozilla Firefox 10.x+、Safari 5(Mac)、Google Chrome 17.x 
他Microsoft アカウント、インターネットに接続できる環境が必要
※SharePointに保存するには、SharePoint Server 2010、SharePoint Online、またはSharePoint Server 2013が必要。

表示するには、対応ブラウザのいずれかが必要

The Brand New Visio 2013

Visio2013は、デザイン性の大幅な向上と、より洗練された設計プロセスにより、見た目に美しく、完成度の高いビジネス グラフィクスを作成できます。?
加えて、さらに使いやすくなった操作性とクラウド対応など、ビジネス ツールとして幅広く利用できるようになっています。?
ぜひ最新の Visio をお試しください。

プロフェッショナルな図面を迅速に作成

即座に作図開始?簡単にデザイン変更

新しい Visio は、すぐに作図を開始出来るようスタート画面が変更され、最近使用したドキュメント、新規作成オプションから即時に開始できます。また、アップデートされたシェイプを含む 60 種を超える様々なテンプレートを活用することで簡単に作成することが出来ます。更に、テーマや効果の機能が追加され、利用シーンや相手に合わせてデザインをわずか数回のクリックで簡単に調整することが出来ます。

通常作業をよりシンプルに

Visio に最適化されたミニツールバーが搭載されたことにより、書式の設定やコネクタの追加、図形の配置調整といった作図において頻繁に発生する作業をこれまで以上に効率的に行えるようになりました。また、作図途中で必要となったシェイプ簡単に見つけることも出来るようになっています。更に、図形の変更作業が右クリック一つで行えるようになりました。図形に埋め込まれた外部データやレイアウトはそのまま維持するため、業務効率が飛躍的に向上します。

組織図テンプレートの拡張

Visio で最も多く使われるテンプレートの一つである組織図テンプレートが大きく機能拡張しています。新しい組織図ウィザードを活用することで、外部のデータや写真を元に、簡単に組織図を作成することが出来ます。また、組織図用のスタイルが豊富に用意されており、通常のベルト型の他、コインやパネル、花びらといった好みにあったスタイルで作成することが出来ます。

デザイン性の向上

Visio 2013 では、Office 製品のアートワークが統合され、シェイプのデザインがリフレッシュされています。新しい組織図のテンプレートや最新のデザイン スタイルが用意されているため、Office ユーザーでも感覚的に好きなデザインを選択して図を作成することができるようになっています。 また、Visio 2013 では、「影」「ぼかし」「光彩」といったさまざまな効果が用意されています。もう、魅力的な図を作成するために、ほかのグラフィック ソフトを使用する必要はありません。 加えて、PowerPoint の図形と同じ操作感でシェイプをコントロールできますので、普段から PowerPoint に慣れ親しんでいる Office ユーザーは、より高レベルのプレゼンテーションを作成するためのツールとして利用できます。

テーマの強化

Visio 2013 では、テーマやクイック スタイルによるデザインの設定機能が強化されており、PowerPointなどの Office 製品と同じように、あらかじめ用意されているテーマを適用することで、簡単にスタイリッシュで統一感のある図を作成できます。 メニューに表示されている「テーマ」と「バリエーション」から好みのものをクリックするだけで、図全体のデザインを変更することができます。

Visio 2013 画面キャプチャー 1

格段に増えたシェイプ

Visio 2013 では、テーマやクイック スタイルによるデザインの設定機能が強化されており、PowerPointなどの Office 製品と同じように、あらかじめ用意されているテーマを適用することで、簡単にスタイリッシュで統一感のある図を作成できます。 メニューに表示されている「テーマ」と「バリエーション」から好みのものをクリックするだけで、図全体のデザインを変更することができます。

Visio 2013 画面キャプチャー 2

「ワークフロー図」テンプレートで作成した図面の例

Visio 2013 画面キャプチャー 3

「基本ネットワーク図」テンプレートで作成した図面の例

図形の変更

Visio 2013 では、すでに配置済みの図形を別の図形に変更する機能が追加されました。これによって、飛躍的に早く、より見やすい図に修正することが可能になりました。 これまでのバージョンでは、変更したい図形をいったん削除してから再度設置し、接続しなおす必要がありました。新バージョンではメニューから変換したい図形を選択するだけです。

Visio 2013 画面キャプチャー 4

1. メニューをクリック?
2. 変更したい図形を選択?
3. クリックで別ステンシルの図形を選択可能

ページのトップへ

チームでの共同作業を簡単に実現

図面の共同編集

一つの図面に複数人でアクセスすることができ、図面の再調整やシェイプの追加、コメントの追加などさまざまな作業を行うことができます。たとえば、レビュー時に、メール添付で関係者に送り、修正してもらったものを再度統合する、といった作業はもう必要なくなります

Visio 2013 画面キャプチャー 5

ブラウザーを通して図面共有

マイクロソフトの SharePoint 製品をはじめとした情報共有基盤に図面を保存することで、Visio を持っていないユーザーの方も図面を閲覧することができます。また、SharePoint の Visio Services をご活用いただくことで、閲覧だけでなくコメントの追加、さらにはタブレット端末にも対応したことでどこからでもどんなデバイスからも図面にアクセスすることができます。

Visio 2013 画面キャプチャー 6

改善されたコメント機能

新たにチャット形式でコメントのやりとりができるようになり、レビュー作業時の図面上でのコミュニケーションが格段に改善されました。また、マイクロソフトの Lync 製品と連携することで、共同編集者とすぐに電話やビデオ会議を始めることもできるようになりました。

Visio 2013 画面キャプチャー 7

ページのトップへ

娏Δ蕠砻婊P

UML 2.4 に対応

UML およびデータベースのダイアグラムは拡充され、さまざまな種類のダイアグラムをサポートするテンプレートの数が合計 9 個になりました。ダイアグラムを簡潔に、手軽に作成できるだけでなく、新しい図形や書式オプションによってダイアグラムの見た目を美しく整えることができます。?
ダイアログが主体となっていた従来の操作は制約が大きいので、今回のリリースから、テンプレートに基づく操作に変更され、より効率的に作図を進めることができます。

Visio 2013 画面キャプチャー 8

BPMN 2.0 に対応

ビジネスプロセスモデリングの最新標準であるBPMN 2.0 に対応。これにより、グローバル基準でビジネスモデリングを行うことが出来ます。勿論、BPMN 1.2 も継続して利用することが出来ます。

よりビジュアルなワークフロー作成が可能に

新しい Visio では、SharePoint 製品のワークフローや Project 製品のワークフローを簡単に作成することが出来ます。?
Workflow Foundation 4.0 に対応したことで、ステージやループといったアクションが追加され、よりビジュアルなワークフローを簡単に作成することが出来ます。?
更に、プロジェクトの需要管理におけるワークフローも Visio で作成することが出来ます (マイクロソフト Project Server 及び Project Online ご利用時に活用出来る機能です。)

Visio 2013 画面キャプチャー 9

ページのトップへ

Office 365 との統合

Office 365 を通じてご提供

Visio Pro for Office 365 は、Office365 を通じて、これまでのオンプレミス型と同等の機能をご提供します。また、複数台の PC にインストールすることができ、いつでも、どこからでも、必要なタイミングで Visio プロジェクト業務を遂行することができます。

提供形態にもクラウドを選択できる、新しい Visio Pro for Office 365

新しい Visio は、従来のパッケージやボリューム ライセンスで提供される永続ライセンス製品に加えて、クラウド版の Office も提供。新しい展開方法や複数デバイス対応など、クラウドの利点を活用できます。

[仮想化された Office をストリーミング配信優先順位をつけて配信するためインストール途中でも起動可能][アプリケーションと構成ファイルをパッケージ化して配信するため以前のバージョンと共存が可能][クイック実行][Office 365][いつでも最新][Office アプリケーション最新の Office をストリーミング配信][セキュリティ更新][1 ユーザーが最大 5 デバイスに展開可能][マルチデバイス]

Windows 7 Professionalウィンドウズ7プロフェッショナル(32ビット版・64ビット版)

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)

仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに適したエディション

Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータバックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わり、仕事でも家庭でも使用できるエディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。

Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

さらに、Professionalでは、Windows XPモードで多くのWindows XP生産性向上プログラムを実行でき、Location Aware Creating、ドメイン参加とグループポリシー制御、進化したバックアップ機能(ネットワークとグループポリシー)、暗号化ファイルシステムの機能が装備されている。

※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

商品スペック
【32bit動作環境】 

CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
メモリ : 1GBのRAM 
ハードディスク : ハードディスク上に16GBの空きスペース 
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】 
CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
メモリ : 2GBのRAM 
ハードディスク : ハードディスク上に20GBの空きスペース 
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

※Windows XP モードには次のものが必要になります 
メモリ : 1 GB の追加 RAM 
ハードディスク : 15 GB の追加空きディスク領域 
ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合)

32 ビットと 64 ビットの Windows: よく寄せられる質問

コンピューターで実行中の Windows が 32 ビット バージョンであるか、64 ビット バージョンであるかはどのようにしてわかりますか。

コンピューターで実行中の Windows 7 または Windows Vista の Windows が 32 ビットまたは 64 ビットのどちらのバージョンかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] を右クリックしてから、[プロパティー] をクリックします。

  2. [システム] の下にシステムの種類が表示されます。

コンピューターで Windows XP が実行されている場合、次の手順を実行します。

  1. [開始] ボタンをクリックします。

  2. [ユーザー インターフェイス] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    • 「x64 Edition」が表示されていない場合、32 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。

    • [システム] の下に「x64 Edition」が表示されている場合、64 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。

どのバージョンの Windows 7 をインストールしたらよいですか。32 ビット バージョンですか、または 64 ビット バージョンですか。

64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールするには、64 ビット バージョンの Windows を実行できる CPU が必要です。コンピューターに大容量のランダム アクセス メモリ (RAM) を搭載した場合 (通常 4 GB 以上) に、利点が最も顕著に表れます。この場合、64 ビットのオペレーティング システムは大容量のメモリを 32 ビットのオペレーティング システムに比べてより効率的に処理することができるので、64 ビット システムでは、複数のプログラムを同時に実行し、頻繁に切り替える場合に、応答速度が向上します。詳細については、「Windows 7 をインストールおよび再インストールする」を参照してください。

コンピューターで 64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを知るにはどうしたらよいですか。

64 ビット バージョンの Windows を実行するには、コンピューターに 64 ビット対応のプロセッサが搭載されている必要があります。Windows 7 または Windows Vista でプロセッサが 64 ビット対応かどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [パフォーマンスの情報とツール] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力し、結果の一覧の [パフォーマンスの情報とツール] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 7 では、[パフォーマンスとシステムに関する詳細情報を表示および印刷します] をクリックします。

    • Windows Vista では、[詳細の表示と印刷を行います] をクリックします。

  3. [システム] の [システムの種類] で、現在実行しているオペレーティング システムの種類を確認でき、[64-bit 対応] で、64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを確認できます (既に 64 ビット バージョンの Windows を実行している場合は、[64-bit 対応] は表示されません)。

Windows XP を実行しているコンピューターが 64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [開始] ボタンをクリックします。

  2. [ユーザー インターフェイス] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    • [システム] に「x64 Edition」が表示されている場合、プロセッサは 64 ビット バージョンの Windows を実行することができます。

    • 「x64 Edition」が表示されていない場合でも、プロセッサが 64 ビット バージョンの Windows を実行できる可能性はあります。正確に確認するためには、Windows 7 Upgrade Advisor Web ページから無料の Windows 7 Upgrade Advisor をダウンロードして実行してください。

32 ビット バージョンの Windows から、64 ビット バージョンの Windows 7 にアップグレードしたり、または 64 ビット バージョンの Windows 7 から 32 ビット バージョンの Windows に戻すことはできますか。

現在 32 ビット バージョンの Windows Vista を実行していて、32 ビット バージョンの Windows 7 にアップグレードする場合のみ、Windows 7 のインストール中に [アップグレード] オプションを使用することができます。この場合、ファイル、設定、およびプログラムは保持されます。同様に、64 ビット バージョンの Windows Vista を実行している場合は、別の 64 ビット バージョンの Windows 7 へのアップグレードしか実行できません。詳細については、Windows Web サイトの、「Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問」を参照してください。

32 ビット バージョンの Windows から 64 ビット バージョンの Windows 7 に移行したい場合、またはその逆を行う場合、ファイルをバックアップし、Windows 7 のインストール中に [カスタム] オプションを選択する必要があります。次に、ファイルを復元し、プログラムを再インストールする必要があります。カスタム インストールの実行の詳細については、「Windows 7 をインストールおよび再インストールする」を参照してください。

  • 32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールするには、64 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用してコンピューターを起動またはブートする必要があります。

  • 64 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用してコンピューターを起動した際に、コンピューターが 64 ビット バージョンの Windows を実行できない場合、Windows ブート マネージャーでエラーが発生します。その場合は、32 ビットの Windows 7 インストール ディスクまたはファイルを使用する必要があります。

  • Windows 転送ツールでは、ファイルを 64 ビット バージョンの Windows から 32 ビット バージョンの Windows に転送できません。64 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているが、32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする場合、ファイルを外部の場所に手動で移動するか、または Windows Vista の [バックアップと復元] を使用できます。詳細については、Windows Web サイトの「ファイルをバックアップする」および「以前のバージョンの Windows で作成したバックアップを復元する」を参照してください。64 ビット バージョンの Windows XP を実行している場合、外部の場所にファイルを手動で移動する必要があります。

64 ビットのコンピューターで 32 ビットのプログラムを実行することはできますか。

32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたほとんどのプログラムは、64 ビット バージョンの Windows 上で動作します。ただし、多くのウイルス対策プログラムは例外です。

32 ビット バージョンの Windows 向けに設定されたデバイスドライバーは、64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターでは動作しません。32 ビット ドライバーしか利用できないプリンターやその他のデバイスをインストールしようとしても、そのデバイスは 64 ビット バージョンの Windows で正しく動作しません。ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイト で入手することもできます。

32 ビットのコンピューターで 64 ビットのプログラムを実行することはできますか。

64 ビット バージョンの Windows 向けに特定して設計されているプログラムの場合、32 ビット バージョンの Windows 上では動作しません。(ただし、32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたほとんどのプログラムは、64 ビット バージョンの Windows 上で動作します。)

64 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたデバイス ドライバーは、32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューター上では動作しません。ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイトで入手することもできます。

64 ビット バージョンの Windows 7 で動作するプログラムやデバイスはどのようにして探したらよいですか。

Windows 7 で動作するプログラムやデバイスを見つけるには、「Windows 7 と互換性あり」ロゴの付いた製品を探してください。32 ビットおよび 64 ビットの両方のバージョンの Windows 7 と互換性があることがテストされています。

また、「Windows 7 互換性センター」にアクセスして、プログラムまたはデバイスが 64 ビット バージョンの Windows 7 と互換性があるかどうかを調べることもできます。ハードウェアおよびソフトウェアの製造元はこの情報を常に更新しているので、頻繁にチェックしてください。

64 ビット バージョンの Windows を実行する場合、64 ビット バージョンのデバイス ドライバーが必要となりますか。

はい。64 ビット バージョンの Windows で動作するための 64 ビット ドライバーがすべてのハードウェア デバイスで必要となります。32 ビット バージョンの Windows 向けに設計されたドライバーは 64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターでは動作しません。

ドライバーを確認する方法については、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」か、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。ドライバーに関する情報は、Windows 7Upgrade Advisor の Web サイト で入手することもできます。

Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)

Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム) - パソコンソフト皆様へ・グッドプライスで提供しています!

Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)
Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム)




ご家庭のPC 3台までインストール可能。
同梱されるプロダクト キーは 1 つになります。
そのプロダクト キーを使用して 全部で 3 回までのライセンス認証が可能です。
ご家庭で複数台 PC を所有されているお客様におすすめです。

手持ちの PC で最高のエンターテイメントを実現。史上最も使いやすい Windows。

ホームグループ機能を使ってホームネットワークを簡単に構築し、写真、ビデオ、音楽をPC間で共有することができる。

また、Windows Media Centerで、テレビの視聴、録画などデジタルエンターテイメントを自在に楽しむことができるホームPCユーザーに適したエディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。

そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

◆ デジタルライフを実現する、ホームPCユーザーに適したエディション

※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

商品スペック
【32bit動作環境】 

CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
メモリ : 1GBのRAM 
ハードディスク : ハードディスク上に16GBの空きスペース 
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】 
CPU : 1GHz以上のプロセッサー 
メモリ : 2GBのRAM 
ハードディスク : ハードディスク上に20GBの空きスペース 
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

Windows 7 Home Premium アップグレード ファミリーパック (ウィンドウズ7ホームプレミアム),パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Home Premium,ウィンドウズ,ホームプレミアム,
プロフィール

exofficesoft

ギャラリー
カテゴリー
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ

Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


Twitterボタン