Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

7

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル
Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに適したエディション

Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータバックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わり、仕事でも家庭でも使用できるエディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。

Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

さらに、Professionalでは、Windows XPモードで多くのWindows XP生産性向上プログラムを実行でき、Location Aware Creating、ドメイン参加とグループポリシー制御、進化したバックアップ機能(ネットワークとグループポリシー)、暗号化ファイルシステムの機能が装備されている。

※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

商品スペック
【動作環境】

[windows]
対応OS: Windows Vista / XP / 2000
CPU: 1GHz以上 ※32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
メディア: DVD-ROM
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以降のドライバーで稼働するDirectX 9対応グラフィクスデバイスが必要
※解像度によっては、ビデオを再生するために追加メモリや高速グラフィックスハードウェアが必要になる場合がある。Windows Media Centerの一部の機能では、テレビチューナーと追加ハードウェアが必要になる場合がある。WindowsタッチおよびWindowsタブレットには、指定のハードウェアが必要。ホームグループには、ネットワークおよび接続先となるWindows 7インストール済みPCが1台以上必要。DVDまたはCDの作成には、互換性のある光ディスクドライブが必要。音楽やサウンドにはオーディオ出力が必要。Windows XPモードには、1GBの追加メモリ、15GBの追加空きディスク領域、ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー(Intel VTまたはAMD-Vが有効になっている場合)が必要

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)
Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱),パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Professional,ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

●Windows 7 Professional(プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
・Windows XPモード機能搭載
・ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
・暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
・Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。

●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

【32bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:1GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に16GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:2GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に20GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

※Windows XP モードには次のものが必要になります
メモリ:1 GB の追加 RAM
ハードディスク:15 GB の追加空きディスク領域
ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合) 

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,SP1,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル 

Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語

Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語


Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語
Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語





Windows7 Pro ダウンロード版
を始めました。24時間いつでも買えて、いつでもインストールができる、ダウンロード版の便利さをぜひお試しください。
Windows7 Pro ダウンロード版ISO ファイルから CD または DVD を書き込む
当店で販売しているすべてのプロダクトキーはインターネット認証および電話認証を保証しております。

メーカーより
「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

Windows 7 Professional Sp1 (プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
?Windows XPモード機能搭載
?ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
?暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
?Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。


●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

windows7 professional sp1 32bit システム要件
CPU:1GHz以上
メモリ:1GB以上
ハード ディスク:16GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

windows7 professional sp1 64bit システム要件
CPU:1GHz以上
メモリ:2GB以上
ハード ディスク:20GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx)


Windows 7 アップグレード対象製品?方法
パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△:新規インストール(カスタム)のみ可能
WAU:Windows Anytime Upgrade対象
※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。

Windows7 エディション別機能比較一覧
Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
(http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx) 

Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

「起動?シャットダウンの高速化」
Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。




「ディスプレイメモリ消費量の改善」
Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



「高い互換性実現への取り組み」
互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
マイクロソフト「互換性情報サイト」
( http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx )
*Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。

マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
<お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

(http://www.microsoft.com/japan/customer/info/)


Microsoft Windows7 Pro 32bit SP1 ウィンドウズ 7 プロ ダウンロード版 日本語版,windows 7, professional, ダウンロード版,pro, 32bit,
  • Microsoft Windows7 64bit SP1 日本語 ウィンドウズ 7 64bit SP1 ダウンロード版
  • Microsoft Windows 8 Pro ウィンドウズ 8 プロ ダウンロード版
  • Windows 10の重要な9つの新機能まとめ



    • ついに2015年7月29日にWindows 10がリリースされました。「Windows最後のバージョン」とも言われる大型アップデートでWindows7/8から無償アップグレードすることが可能であり、今までのWindowsとは異なるさまざまな機能を搭載しているWindows 10ですが、「アップデートするべきなのかわからない」という人も多いはず。そんな人のためにThe Vergeでは、Windows 10になると使えるようになる重要な9個の機能がまとめられています。

      The nine most important updates in Windows 10 | The Verge
      http://www.theverge.com/2015/7/29/9060177/microsoft-windows-10-update-changes-browser-start-menu-cortana-xbox

      ◆1:新しいUI(ユーザーインターフェイス)
      Windows 10にアップデートして最も目に見えてわかる変化は新しいUI。Windows 8のModern UIの特徴を引き継いだフラットデザインで、マウス&キーボード操作と、タッチ操作の両方に対応しています。大量にウィンドウを開いていても、「タスクビューボタン」を押せば一発で起動中のタスクをタイル表示したり、「スナップ機能」で一気に画面を4分割したりのマルチタスキングが可能。また、Macのトラックパッドのようなウィンドウ切り替えジェスチャーも実装しています。


      ◆2:新しいスタートメニュー
      Windows 10のスタートメニューも大きな変化の1つで、Windows 8のような全画面タイプのスタートメニューに変わって、Windows 7以前のスタートメニューとWindows 8のライブタイルを組み合わせたようなデザインになりました。スタートメニューを開くと左側にファイル検索やライブタイルで電源操作などがテキスト表示され、右側に最近使用したアプリなどが表示されるハイブリッド表示となっており、「Windows 8のスタートメニューが使いづらい」というユーザーのフィードバックに基づいて改善されたスタートメニューになっています。

      Windows 10の新しいUIやスタートメニューがどのようなデザインなのかは、以下の記事を見ると一発でわかります。

      「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE


      ◆3:音声認識アシスタント「Cortana」
      これまでWindows Phoneに搭載されていた音声認識アシスタントシステムのCortanaがWindows 10でも使えるようになります。Cortanaに問いかければローカルおよびウェブ上のデータから正しい返答を検索してくれます。また、メールやカレンダーアプリのデータから予定があることを知らせるだけでなく、ルート案内や飛行機チケットの検索などを自動で行ってくれるとのこと。

      実際にWindows 10のCortanaを使っている様子は以下の記事から確認することができます。

      Windows 10で動く「Cortana」はこんな感じ - GIGAZINE


      ◆4:メール・カレンダー・写真・地図アプリ
      Windows 10の標準アプリであるOutlook・カレンダー・写真・地図アプリもアップデートされ、実際に使用したThe Vergeの記者は「正直なところ、すごく使える」と話しています。各種ネイティブアプリはOneDriveとの連携が強化されているほか、OutlookなどはiOS・Androidでも使えるため、自分のスマートフォンと合わせて利用可能。ネイティブアプリをガンガン使っていくことでCortanaの使い勝手も向上すると考えられます。


      ◆5:Continuum
      タブレットモードとPCモードをシームレスに切り替えられる機能が「Continuum」。Surface Pro 3のようなタブレットPCでは、キーボードをオフにするだけで自動的にタブレットモードに切り替わるとのこと。モバイル版のWindows 10搭載スマートフォンが登場すれば、Continuumを十二分に活用できそうです。

      モバイル版「Windows 10」はスマホをPCへと変貌させる新機能を搭載 - GIGAZINE


      ◆6:Edge
      長年にわたって標準ブラウザとしてインストールされてきたInternet Explorerに代わり、新しいブラウザEdgeが搭載され、Chrome・Firefoxの拡張機能をそのまま使える仕様となっています。Edgeが一体どのような機能を備えているのかについては、以下の記事を読むとよくわかります。

      Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 - GIGAZINE


      ◆7:アクションセンター
      Windows 10は、従来のアクションセンターとは異なる機能を備えています。アクションセンターを開くだけでカレンダ―やメールの通知・アプリのアップデート情報・接続しているデバイスなどが一発でわかるようになっており、表示する情報はカスタマイズ可能。スマートフォンの通知のように端末の情報を得ることができるようになっています。


      ◆8:Xbox OneのゲームをストリーミングプレイできるXboxアプリ
      Windows 10に搭載されている新しいXboxアプリは、PCをコンソール機としてXboxのゲームをストリーミングプレイすることができます。もちろんXboxのコントローラーにも対応しており、USB・ワイヤレスのどちらでも操作可能。PCのドライブ上に最大2時間のプレイ動画を録画する機能もあります。「Xboxをプレイするために家族とTVの取り合いをしている人なら、Windows 10にアップデートする理由になる」とThe Vergeの記者は説明しています。

      実際にWindows 10でXboxのゲームをストリーミングプレイしている様子は以下の記事から見ることができます。

      Xbox OneのゲームはWindows 10搭載のPC・タブレットでストリーミングしてプレイ可能であることが判明 - GIGAZINE


      ◆9:生体認証「Windows Hello」
      顔を見せるだけでキーボードに触れることなくPCのロックを解除できる生体認証が「Windows Hello」。顔・指紋・虹彩で認証可能なシステムで、指紋リーダー・赤外線センサー・その他生体認証センサーを搭載している端末で利用可能で、例えばPCの前にユーザーが座るだけでPCのロックが自動的に解除されるわけです。

      Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 - GIGAZINE

      Windows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージ ウィンドウズ7プロフェッショナル

      Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

      Windows 7 Ultimate SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット SP1

      Windows 7 Ultimate(J)通常版(SP1適用済み)へのアップグレード製品

      あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション。
      Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。
      パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。
      64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。
      ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。
      そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。
      Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。 
      さらに、Ultimateでは、Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とWindows 7 Professionalのビジネス機能に加え、BitLockerとBitLocker To Go、AppLocker、ダイレクトアクセス、BranchCache、多言語機能(Webサイトから言語パックのダウンロードが必要)を搭載している。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。
      アップグレード対象製品については、メーカーHP参照。 

      http://www.exsoftmall.com/News/News-83.html 

    Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

    • Windowsの使い方/Windows 8の基本

      Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

      Windows XPからWindows 8に移行すると「使いづらい」という人がいますが、それは適切な「周辺機器」を使っていない場合が殆どです。Windows 8は操作体系が大きく変わっただけでなく、その形状もタブレットなど新しいものが増えたため、便利に使うための周辺機器も様変わりしました。ここではそんな周辺機器を紹介します。


      Windows 8はWindows XPの進化版ではない?

      Windows 8は前のバージョンのWindowsから乗り換えた人たちから「使いづらい」と不評を買いやすいOSです。特にWindows XPからの乗り換えでは、Windows 7やWindows Vistaで取り組まれつつあった「クラウド対応」の進化も感じられないため「なんだこれは!」と不評を買いやすいのではないでしょうか。

      しかしWindows 8はそれ以前のWindowsと大きく異なる設計思想と操作体系を持つため、今までの使い方だけでは不便になったと感じるはずです。そこでここではWindows 8を快適に使う周辺機器を紹介していきます。これらの周辺機器も併せて使えば、Windows XPから乗り換えたユーザーの評価もきっと変わるでしょう。

      タッチパネルモニタ

      Windows 8と切っても切れないのが、タッチパネル操作可能なモニタです。デスクトップ型なら、画面を自在に動かせるアームが付いたタッチ操作可能なモニタを使うと、Windows 8の操作性は一気に高まります。例えばDELL社のS2340T 23インチワイド マルチタッチモニタは前後上下に動かせるアームにモニタがついていて、タッチ操作では手前で上に向けて、文字入力時には奥で立てて使ってと、操作によって画面位置を自在に動かすことができます。
      DELL S2340T

      DELL S2340Tはモニタ位置が自在に動く

      自在に動くタッチパネルモニタがあるだけで、Windows 8の操作はぐっと便利になります。もちろん画面がキーボードに近いノートパソコンなら、画面角度を変更するだけでタッチ操作の便利さを感じることができます。Windows 8のノートパソコンを選ぶなら、ぜひタッチパネル付のものを選んでください。

      疑似タッチ機器

      Windows XPのノートパソコンをWindows 8に入れ替えた場合、タッチパネルのモニタに変えることができません。そんな場合には、疑似的にタッチ操作を可能にする周辺機器があります。例えばMVPenテクノロジーのtouch8は、画面横にセンサを取り付けペン型の入力機器を使う事で疑似的にタッチ操作を可能にします。
      MVPen Touch8

      MVPen Touch8を取り付けると疑似的にタッチ操作が可能になる。


      デスクトップ画面では細かなタップが可能になるので、むしろこちらのほうが都合が良いかもしれません。古いノートパソコンにWindows 8を入れた方にはぜひ試していただきたい製品です。

      タッチ操作マウス

      ノートパソコンは手元のタッチパッドが画面のタッチ操作を疑似的に再現できるようになっていますが、デスクトップ型パソコンでもタッチ操作ができるマウスを使えば同じ操作が可能になります。例えばマイクロソフト社のTouch Mouse(タッチ マウス)は、マウスの上を指でなぞるとタッチ操作ができるマウスです。
      Microsoft Touch Mouse

      Microsoft Touch Mouseはマウス上でタッチ操作ができる。

      画面を切り替えるスワイプや拡大縮小をこのマウスで使いこなせるようになると、Windows 8の画面操作が非常に簡単になるでしょう。

      Bluetoothキーボード

      タブレット型のWindows 8パソコンを購入したら必ず用意していただきたいのが、Bluetooth方式で無線接続できるキーボードです。タブレット型なのにキーボード?と思われるかもしれませんが、画面上に現れるソフトウェアキーボードはファンクションキーなどがごっそりと削られていてWindowsのすべての機能が引き出せません。また、Windows 8タブレットは他のタブレット型コンピュータと異なり、非常に文字入力がしやすいコンピュータです。いざというときにキーボードがあると、他のタブレット型コンピュータでは真似できない快適な文字入力が可能になります。

      また、タブレット型のWindows 8パソコンはUSBポートが非常に少なく同時接続できる周辺機器が限られているためか、ほとんどの機種でUSBポートを使わず無線接続ができるBluetooth機能を備えています。この接続方式のキーボードを使えば、貴重なUSBポートを使わずに済むのです。

      例えばlenovo社のThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードはBluetooth接続できるだけでなく、トラックポイントというマウスのようなポインタ機器も備えています。
      ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

      無線で繋がるキーボードとタブレット型パソコンの相性は抜群。

      このキーボードならカフェなどでタブレット型Windows 8パソコンを使う際、狭い机を有効に活用できるでしょう。

      モバイル無線LANルーター

      最後に、タブレット型、小型のノート型、そしてその両方の特徴を持つハイブリッド型のWindows 8パソコンを所有し、かつ持ち歩いている方にお奨めしたいのがどんな場所でもインターネット接続ができるモバイル無線LANルーターです。Windows8はマイクロソフトアカウントを利用して、インターネット上にあるデータを活用できるように設計されています。OfficeのノートアプリであるOnenoteに無料で使えるWindowsストアアプリが用意されたり、SkyDriveで7Gのクラウドストレージにデータを保管したり。スケジュールやメールなどもマイクロソフトアカウントを持っていればすべて無料で利用することができます。
      モバイル無線LANルーター

      モバイル無線LANルーターがあれば外出先でもWIndows8を活用できる


      最近のスマートフォンではテザリングという機能でモバイル無線LANルーターと同様の機能を持つものもあるので、ぜひ移動中にも使えるインターネット環境も整えてください。常にインターネットが使えるようになると、Windows 8で様々なデータをより活用できるようになりますよ。

      Windows(ウィンドウズ) 8

      Windows(ウィンドウズ) XP

      Windows(ウィンドウズ) Vista

      Windows(ウィンドウズ) 7

    Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法

    Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法
     
    • Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法

      「応答なし」の停止方法と回避方法

      応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。

      「応答なし」の停止方法と回避方法

       


      応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。

      応答なし状態で停止時の操作

      1. タスクバーを右クリック→タスク マネージャーの起動
      2. 「Windows タスク マネージャー」というウィンドウが表示されます。
      3. 「アプリケーション」タブの起動中のプログラム一覧表示内で、状態が「応答なし」のプログラムをクリックして「タスクの終了」をクリック

      レジストリの変更による「応答なし」時間の延長手順

      1. スタート→「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力し、レジストリエディターを起動します。
      2. 下記の順にたどってクリックします。
        [HKEY_CURRENT_USER] → [Control Panel] → [Desktop]
      3. [Desktop]で右クリック
        「新規」→「文字列値」
        「値の名前」もしくは「新しい値」に「HungAppTimeout」と入力
        「HungAppTimeout」をダブルクリック→「値のデータ」に希望の数値を入力
        (例:20000=20秒。Windows7は、標準で5秒間あるソフトからの応答がないと「応答なし」となるようになっています。)
      4. 再起動後に設定が有効になります。

      ■注意点
      レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。 

     
    プロフィール

    exofficesoft

    ギャラリー
    カテゴリー
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


    Twitterボタン