Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

8

Windows 8をスタート画面とモダンUIから理解しよう

  • Windowsの使い方/Windows 8の基本

    Windows 8をスタート画面とモダンUIから理解しよう

    Windows 8の操作体系は、モダンUIと呼ばれるもので統一されています。これが最も色濃く表れているのがスタート画面です。ここではスタート画面を中心に使い方を紹介しながら、モダンUIの考え方について解説をしていきます。これがわかればWindows 8が理解できますよ。

    スタート画面でWindows 8が理解できる?

    Windows 8ではモダンUI(旧メトロUI)と呼ばれる操作の概念が採用されています。これは従来のWindowsとは大きく異なり、タッチパネルでの操作や小さなタブレットの画面でも快適に操作ができる新しい操作方法になっています。
    スタート画面

    モダンUIは小さな画面でも快適に操作ができる操作体系になっている


    ロンドンの地下鉄の標識を参考にしたと言われているモダンUIは、シンプルな文字とタイルで統一され、読みやすさに重点をおいています。華美な装飾を必要としないため、Windows Aeroを採用されていたWindows 7のように画面表示能力を必要とせず、性能が低いパソコンでも快適に動かせます。

    このモダンUIを最も反映しているのが、スタートボタンから独立したスタート画面です。タイル上のショートカットが規則正しく整列しているこの画面は様々なパソコンで快適にスクロールでき、チャームやスナップ、アプリ切り替え機能などを呼び出す事でモニタの大きさに制限されない使い方が出来るようになっています。

    そこでここではスタート画面を中心とした使い方を説明しながらWindows 8の考え方を、その中心にあるモダンUIについて解説していきましょう。

    ロック画面

    スタート画面の前に、モダンUIを説明するうえで避けて通れないロック画面についても解説をしておきます。ロック画面はパソコンを立ち上げてまず最初に表示される画面で、日付や天気だけでなくバッテリー残量や無線LAN接続状態、メール受信状況など多彩な情報が表示されています。
    ロック画面

    ロック画面にはログインしなくても各種情報が表示されている


    この便利な機能をちりばめつつもシンプルにまとめられたロック画面は、ログイン後のスタート画面以降に通じるものがあります。

    スタート画面を表示するには、タッチパネル端末では画面をスライドさせて上に、デスクトップならクリックすることでログイン確認が表示されます。タッチなら画面を「どかす」、マウスならクリックして「そこにいる」ことをパソコンに伝えればログインが出来るのです。使い方を難しく考える必要はありません。これこそがモダンUIの根底にある考え方なのです。

    スタート画面

    次にスタート画面を見ていきましょう。スタート画面は、メールやカレンダー、webブラウザである「Internet Explorer 10」などがタイル状に並んでいます。これがモダンUIの基本となります。

    スタート画面

    スタート画面にはアプリやショートカットがタイル状に並んでいる


    このタイルはアプリに対応した挙動をライブとして表示させる事が可能で、例えばメールなら着信した内容の件名が流れ続けますし、天気のタイルは設定した都市の天気を表示します。ピクチャなら保存された画像をフォトフレームのようにランダム再生してくれます。上の画像でもフォトやニュースにライブが表示されています。

    操作も簡単です。タッチパネルの画面なら、指を左右にスワイプ(なぞる)ことで移動させる事が出来ます。Windows 8に対応したタッチパッドなら同じようにタッチパッドを左右になぞる事で同じ操作が可能です。

    Windows 8用PCのLet'sNoteAXのタッチパッド

    Windows 8用PCのLet'sNoteAXのタッチパッドはジェスチャがやりやすいよう非常に大型化している


    Windows 8ではアプリやショートカットなど、すべてをタイルとしてスタートメニューに表示させる事が出来ます。このタイルはサイズを変更したり、並べ替える事も可能です。タイルは右端まで移動させればグループ化もできるので、並べ替えとグループ化を使えば自由に整理する事が出来ます。

    このようにタイルと文字のシンプルな組み合わせでパソコンの操作を「理解」できるのがメトロUIの大きな特徴です。タイルは文字を見ればそれがどんな意味をなしているのかわかりますし、それを「並べ替える」ことで整理ができます。見たままに動かせば何となく使えてしまう。これは次に紹介する機能にも共通しています。

    「画面の外」から呼び出す機能

    次に、画面の外に隠されている機能について紹介します。この機能はスタート画面以外にも使われる共通機能になっています。

    まず最初に、画面右側に隠れているチャームについて説明します。チャームとは「呪文」という意味がありますが、まさしく様々な「命令」を呪文のように行えるのがこのチャームです。

    チャーム機能

    チャームは5つの機能から成り立っている

    チャームは画面の右側からスワイプ、もしくはマウスカーソルを右上に合わせると表示されます。このチャームはスタート画面特有のものではなく、全ての画面で表示されます。チャームは「検索」「共有」「スタート」「デバイス」「設定」の5つのチャームから成り立っていて、それぞれ以下のような機能になっています。

    ■検索チャーム
    検索チャームは入力した文字から検索機能を実行するチャームです。
    スタート画面ではアプリや機能、ファイルなどだけでなく、各種アプリからの検索結果も表示することが出来るようになっています。

    ■共有チャーム
    共有チャームはファイルや情報をインターネット経由で知り合いとやりとりしたり、アプリ同士で情報を共有するのに使います。スタート画面ではあまり使い道がないのですが、例えばアプリの「ピクチャ」で起動させれば写真をメールで送ることができたり、アプリ「People」を経由してFacebookに投稿することができます。

    ■スタートチャーム
    スタート画面に戻るチャームです。スタート画面からは直前に起動していたアプリに移動することが出来ます。

    ■デバイスチャーム
    デバイスチャームは、USBや家庭内ネットワークなどで接続されている周辺機器などを利用するチャームです。スタート画面ではデュアルモニタの設定などを呼び出せますが、アプリによってはプリンタを呼び出して印刷をすることも出来ます。

    ■設定チャーム
    設定チャームはアプリやパソコンの設定を変更するチャームです。スタート画面ではネットワーク接続や音量、画面の明るさ、各種通知、電源、キーボードなどが呼び出せます。

    何かしたい、と思ったら画面の右側からチャームを呼び出す。これを憶えてしまえばWindows 8の基本操作がとりあえず理解できたも同然です。というのも、Windows 8では機能を画面の外から呼び出す操作がチャーム以外にもあり、これをマスターすればたいていのことはできるようになるからです。

    たとえば右クリック、もしくは画面下からスワイプするとコマンドおよびコンテキスト メニューが表示されます。

    コマンドの呼び出し

    コマンドは画面下部に「隠れている」イメージ。


    また、アプリの切り替えや2画面表示のスナップ機能も画面左上から下にマウスカーソルを移動させるか、画面左側からスワイプさせて呼び出します。

    アプリの表示

    アプリの切替は左から呼び出して行う

    これらの画面の外側にある機能の呼び出し方を憶えてしまえば、ほとんどの操作が呼び出せるようになります。そのため呼び出す場所さえ憶えれば、大きくわかりやすいアイコンで必要な機能を見つけることが出来るでしょう。

    見ればわかる。スタート画面のモダンUIこそが、Windows 8の使い方のヒントになっています。皆さんも是非見たままに使ってください。そうすればきっとWindows 8のことが理解できるようになるでしょう。

    Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

    Windows 8 Pro アップグレード版 発売記念プロモーション

    Windows 8 アップグレード版 ウィンドウズ 8 アップグレード

Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

  • Windowsの使い方/Windows 8の基本

    Windows XPから8への乗り換えを快適にする周辺機器

    Windows XPからWindows 8に移行すると「使いづらい」という人がいますが、それは適切な「周辺機器」を使っていない場合が殆どです。Windows 8は操作体系が大きく変わっただけでなく、その形状もタブレットなど新しいものが増えたため、便利に使うための周辺機器も様変わりしました。ここではそんな周辺機器を紹介します。


    Windows 8はWindows XPの進化版ではない?

    Windows 8は前のバージョンのWindowsから乗り換えた人たちから「使いづらい」と不評を買いやすいOSです。特にWindows XPからの乗り換えでは、Windows 7やWindows Vistaで取り組まれつつあった「クラウド対応」の進化も感じられないため「なんだこれは!」と不評を買いやすいのではないでしょうか。

    しかしWindows 8はそれ以前のWindowsと大きく異なる設計思想と操作体系を持つため、今までの使い方だけでは不便になったと感じるはずです。そこでここではWindows 8を快適に使う周辺機器を紹介していきます。これらの周辺機器も併せて使えば、Windows XPから乗り換えたユーザーの評価もきっと変わるでしょう。

    タッチパネルモニタ

    Windows 8と切っても切れないのが、タッチパネル操作可能なモニタです。デスクトップ型なら、画面を自在に動かせるアームが付いたタッチ操作可能なモニタを使うと、Windows 8の操作性は一気に高まります。例えばDELL社のS2340T 23インチワイド マルチタッチモニタは前後上下に動かせるアームにモニタがついていて、タッチ操作では手前で上に向けて、文字入力時には奥で立てて使ってと、操作によって画面位置を自在に動かすことができます。
    DELL S2340T

    DELL S2340Tはモニタ位置が自在に動く

    自在に動くタッチパネルモニタがあるだけで、Windows 8の操作はぐっと便利になります。もちろん画面がキーボードに近いノートパソコンなら、画面角度を変更するだけでタッチ操作の便利さを感じることができます。Windows 8のノートパソコンを選ぶなら、ぜひタッチパネル付のものを選んでください。

    疑似タッチ機器

    Windows XPのノートパソコンをWindows 8に入れ替えた場合、タッチパネルのモニタに変えることができません。そんな場合には、疑似的にタッチ操作を可能にする周辺機器があります。例えばMVPenテクノロジーのtouch8は、画面横にセンサを取り付けペン型の入力機器を使う事で疑似的にタッチ操作を可能にします。
    MVPen Touch8

    MVPen Touch8を取り付けると疑似的にタッチ操作が可能になる。


    デスクトップ画面では細かなタップが可能になるので、むしろこちらのほうが都合が良いかもしれません。古いノートパソコンにWindows 8を入れた方にはぜひ試していただきたい製品です。

    タッチ操作マウス

    ノートパソコンは手元のタッチパッドが画面のタッチ操作を疑似的に再現できるようになっていますが、デスクトップ型パソコンでもタッチ操作ができるマウスを使えば同じ操作が可能になります。例えばマイクロソフト社のTouch Mouse(タッチ マウス)は、マウスの上を指でなぞるとタッチ操作ができるマウスです。
    Microsoft Touch Mouse

    Microsoft Touch Mouseはマウス上でタッチ操作ができる。

    画面を切り替えるスワイプや拡大縮小をこのマウスで使いこなせるようになると、Windows 8の画面操作が非常に簡単になるでしょう。

    Bluetoothキーボード

    タブレット型のWindows 8パソコンを購入したら必ず用意していただきたいのが、Bluetooth方式で無線接続できるキーボードです。タブレット型なのにキーボード?と思われるかもしれませんが、画面上に現れるソフトウェアキーボードはファンクションキーなどがごっそりと削られていてWindowsのすべての機能が引き出せません。また、Windows 8タブレットは他のタブレット型コンピュータと異なり、非常に文字入力がしやすいコンピュータです。いざというときにキーボードがあると、他のタブレット型コンピュータでは真似できない快適な文字入力が可能になります。

    また、タブレット型のWindows 8パソコンはUSBポートが非常に少なく同時接続できる周辺機器が限られているためか、ほとんどの機種でUSBポートを使わず無線接続ができるBluetooth機能を備えています。この接続方式のキーボードを使えば、貴重なUSBポートを使わずに済むのです。

    例えばlenovo社のThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードはBluetooth接続できるだけでなく、トラックポイントというマウスのようなポインタ機器も備えています。
    ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

    無線で繋がるキーボードとタブレット型パソコンの相性は抜群。

    このキーボードならカフェなどでタブレット型Windows 8パソコンを使う際、狭い机を有効に活用できるでしょう。

    モバイル無線LANルーター

    最後に、タブレット型、小型のノート型、そしてその両方の特徴を持つハイブリッド型のWindows 8パソコンを所有し、かつ持ち歩いている方にお奨めしたいのがどんな場所でもインターネット接続ができるモバイル無線LANルーターです。Windows8はマイクロソフトアカウントを利用して、インターネット上にあるデータを活用できるように設計されています。OfficeのノートアプリであるOnenoteに無料で使えるWindowsストアアプリが用意されたり、SkyDriveで7Gのクラウドストレージにデータを保管したり。スケジュールやメールなどもマイクロソフトアカウントを持っていればすべて無料で利用することができます。
    モバイル無線LANルーター

    モバイル無線LANルーターがあれば外出先でもWIndows8を活用できる


    最近のスマートフォンではテザリングという機能でモバイル無線LANルーターと同様の機能を持つものもあるので、ぜひ移動中にも使えるインターネット環境も整えてください。常にインターネットが使えるようになると、Windows 8で様々なデータをより活用できるようになりますよ。

    Windows(ウィンドウズ) 8

    Windows(ウィンドウズ) XP

    Windows(ウィンドウズ) Vista

    Windows(ウィンドウズ) 7

Windowsの使い方/Windows 8の良い点、悪い点:タッチパネルは使いやすい

  • Windowsの使い方/Windows 8の良い点、悪い点

    タッチパネルは使いやすい

    win8の良い所は、なによりも、起動がとても早いことです。ぴっと電源を押したら、ぱぱぱっと起動します。私は基本macユーザーですが、起動が早いと言われているmacよりも起動が早くて驚きます。

    タッチパネルは使いやすい

    win8

     

    良い点

    win8の良い所は、なによりも、起動がとても早いことです。ぴっと電源を押したら、ぱぱぱっと起動します。私は基本macユーザーですが、起動が早いと言われているmacよりも起動が早くて驚きます。

    それからもうひとつ、win8はタッチパネル対応なのがおもしろいです。タッチ対応の液晶のPCを選ばなければいけませんが、win8搭載のPCを購入するなら、タッチ対応のほうがよりwin8を楽しめます。スタート画面で本をめくるように、アプリケーションを選べますし、全体に表示が大きくて見やすいです。

    スタート画面は、PCを知らない初心者が視覚的に判断して使用しやすいですし、タッチ対応だとダブルクリックとかが苦手な方が、指でタッチしたり画面を移動させたりと、わかりやすく使いやすいOSです。

    悪い点

    それは、操作性の悪さです。これまでのwinに慣れ親しんでいた人には、とても戸惑うと思います。今までのwinユーザーを無視したつくりに、立ち上げた瞬間から驚愕することでしょう。

    スタート画面の扱いがまず、まったく分かりませんし、私も最初はシャットダウンすらできず、どうしたら良いか分かりませんでした。シャットダウンの出来ないwinユーザーが続出です。シャットダウン画面をどうしてあんな分かりにくい、シャットダウンしにくい場所に作ったのか不思議でなりません。

    それと、スタート画面からひらいたアプリのツールバーが無くて、不便です。クリックすると出て来るのですが、出て来る場所が下の方で、アイコンも何を意味するのか悩みました。

    今までの知識で使用するには、まったく違う構造なので、探しているモノが見つからなかったりします。

    満足度

    私の現時点での満足度は、10点満点7点です。

    まあ、いずれ新しいモノが出て来るので、「新しい」「初めて」を面白いと感じるまで使い込めば、悪い点も、いずれ良い点に変わると思います。タッチパネルがかなり使いやすかったので、PC初心者の母に是非プレゼントしたいと思います。 

    Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

    Windows 8 からWindows 8 Pro with Media Centerへアップグレードするエディション

    会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとするWindows 8 Pro のより強化された機能とWindows Media Center でテレビの視聴や録画も楽しめます。

    プロダクト キーのみのご提供。

    win8からwin8proへエディションUPGが出来る商品です。

    Windows 8 Pro アップグレード版 ウィンドウズ8プロフェッショナル

    Windows 8のすべての機能に加え、データの暗号化をはじめとするより強化された機能が搭載されているエディション

    Windows 8のすべての機能に会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとする、より強化された機能が搭載された仕事でも家庭でも使用できるエディション。

    刷新されたスタート画面では、更新情報を表示するライブタイルで、連絡先、天気、カレンダーなど、大切な情報をすべて1画面に集約することができる。

    リアルタイムで更新される豊富なコンテンツで最新の情報を常に把握できユーザー好みに整理することも可能。

    また、連携して使えるアプリを標準搭載しているほか、Windowsストアからアプリを入手することもできる。

    さらに、FacebookなどのオンラインサービスをMicrosoftアカウントと連携させるとSkyDriveやアプリを通して最新情報にすぐにアクセスできる。

    そのほか、タブレットの楽しさとPCの持つ便利さの両方を提供し2つのアプリを並べてのマルチタスクやデスクトップモードも使用可能。

    さらに、Proでは、ファイルやフォルダ単位で暗号化できる暗号化ファイルシステムや、ドライブを暗号化し、データを保護する「BitLocker」を搭載しているほか、外出先のPCから自宅のPCの中に入っているファイルやアプリケーションを操作できるリモート デスクトップ機能や、Windows 8上に違うOSをインストールして動かすことができる「Client Hyper-V」なども搭載している。

    アップグレード版。
    アップグレード対象製品は、Windows 7 Ultimate/7 Pro/7 Home Premium/7 Starter/Vista/XP。
    アップグレード後は現在使用しているオペレーティング システムは利用不可。
    タッチ操作などの一部の機能の互換性や、アップグレードの注意事項についてはメーカーホームページ参照。

    Windows 8 Pro アップグレード版 発売記念プロモーション

    Windows 8のすべての機能に加え、データの暗号化をはじめとするより強化された機能が搭載されているエディション

    Windows 8のすべての機能に会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとする、より強化された機能が搭載された仕事でも家庭でも使用できるエディション。刷新されたスタート画面では、更新情報を表示するライブタイルで、連絡先、天気、カレンダーなど、大切な情報をすべて1画面に集約することができる。

    本製品はアップグレード版です。

    Windows XP、Windows Vista、Windows 7を搭載したパソコンからのアップグレードに対応。

    ※自作PCや仮想環境での利用などを目的とした新規インストールには非対応。

    発売記念優待版
    本製品は、2013年1月31日まで特別価格で提供された発売記念プロモーション製品です。

    *ソフトの購入は、お持ちのパソコンに対応しているかご確認の上、お願いいたします。

Win 7のMedia Player応用術 世界中の音楽ラジオが無料で楽しめます

  • Windowsの使い方/Win 7のMedia Player応用術

    世界中の音楽ラジオが無料で楽しめます

    Windows Media Playerでは、世界中のインターネットラジオ局の番組が無料で聴取できます。音楽のジャンルもクラシックからロック、ダンス、レゲエなど幅広く、比較的高音質で楽しむことができます。

     


    Windows Media Playerでは、世界中のインターネットラジオ局の番組が無料で聴取できます。音楽のジャンルもクラシックからロック、ダンス、レゲエなど幅広く、比較的高音質で楽しむことができます。

    CMはステーションによりますが、ほとんど入らないところが多いです。

    ■操作手順
    1. Windows Media Player左側の、Windowsマークボタンをクリックします
    2. Windows Media Guideの画面が開きます。
    3. お好みのインターネットラジオ局のジャンルをクリックします。
    4. 下に表示されたステーションの「聞く」をクリックすると再生が始まります。
    5. 右にあるストリーミング速度は、光回線の場合「高」を選択しておくと音質が良くなります。

    ■注意点
    日本のラジオ局はほとんどありませんので、大半の番組は英語放送です。 

    Windows 8 Pro アップグレード版 発売記念プロモーション

    ※パッケージが写真と異なる場合がございます。
    予めご了承ください。

    Windows 8のすべての機能に加え、データの暗号化をはじめとするより強化された機能が搭載されているエディション

    Windows 8のすべての機能に会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとする、より強化された機能が搭載された仕事でも家庭でも使用できるエディション。刷新されたスタート画面では、更新情報を表示するライブタイルで、連絡先、天気、カレンダーなど、大切な情報をすべて1画面に集約することができる。

    本製品はアップグレード版です。

    Windows XP、Windows Vista、Windows 7を搭載したパソコンからのアップグレードに対応。

    ※自作PCや仮想環境での利用などを目的とした新規インストールには非対応。

    発売記念優待版
    本製品は、2013年1月31日まで特別価格で提供された発売記念プロモーション製品です。

    *ソフトの購入は、お持ちのパソコンに対応しているかご確認の上、お願いいたします。

    商品スペック
    【動作環境】

    [windows]
    対応OS: Windows 8 Pro
    CPU: 1GHz以上
    メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
    HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
    メディア: DVD-ROM
    Windows Display Driver Model(WDDM)ドライバーを搭載したDirectX 9対応グラフィクスデバイス、インターネットに接続できる環境が必要 ※画面解像度が1366×768に満たない場合、制限事項が発生する場合がある。DVDを再生するには、専用ソフトウェアが別途必要。Windows Media Centerでテレビの視聴や録画を行うには、テレビ チューナーが必要。一部の機能にはMicrosoftアカウントが必要。タッチ操作などの一部の機能が正しく動作しない場合は、PC製造元のWebサイトを参照して互換性を確認し、メーカーHPにあるアップグレード アシスタントの実行が必要

    Windows 8 Pro アップグレード版 ウィンドウズ8プロフェッショナル

    Windows 8のすべての機能に加え、データの暗号化をはじめとするより強化された機能が搭載されているエディション

    Windows 8のすべての機能に会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとする、より強化された機能が搭載された仕事でも家庭でも使用できるエディション。

    刷新されたスタート画面では、更新情報を表示するライブタイルで、連絡先、天気、カレンダーなど、大切な情報をすべて1画面に集約することができる。

    リアルタイムで更新される豊富なコンテンツで最新の情報を常に把握できユーザー好みに整理することも可能。

    また、連携して使えるアプリを標準搭載しているほか、Windowsストアからアプリを入手することもできる。

    さらに、FacebookなどのオンラインサービスをMicrosoftアカウントと連携させるとSkyDriveやアプリを通して最新情報にすぐにアクセスできる。

    そのほか、タブレットの楽しさとPCの持つ便利さの両方を提供し2つのアプリを並べてのマルチタスクやデスクトップモードも使用可能。

    さらに、Proでは、ファイルやフォルダ単位で暗号化できる暗号化ファイルシステムや、ドライブを暗号化し、データを保護する「BitLocker」を搭載しているほか、外出先のPCから自宅のPCの中に入っているファイルやアプリケーションを操作できるリモート デスクトップ機能や、Windows 8上に違うOSをインストールして動かすことができる「Client Hyper-V」なども搭載している。

    アップグレード版。
    アップグレード対象製品は、Windows 7 Ultimate/7 Pro/7 Home Premium/7 Starter/Vista/XP。
    アップグレード後は現在使用しているオペレーティング システムは利用不可。
    タッチ操作などの一部の機能の互換性や、アップグレードの注意事項についてはメーカーホームページ参照。

    Windows 8 Pro Pack アップグレード版 発売記念プロモーション

    Windows 8 からWindows 8 Pro with Media Centerへアップグレードするエディション

    会社のネットワークへの接続、外出先からのファイルへのアクセス、データの暗号化をはじめとするWindows 8 Pro のより強化された機能とWindows Media Center でテレビの視聴や録画も楽しめます。

    プロダクト キーのみのご提供。

    win8からwin8proへエディションUPGが出来る商品です。

Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法

Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法「応答なし」の停止方法と回避方法
 
  • Windowsの使い方/Windowsが反応しないときの対処法

    「応答なし」の停止方法と回避方法

    応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。

    「応答なし」の停止方法と回避方法

     


    応答なしの状態であるソフトが停止してしまった際の停止方法と、次回以降応答なし状態になりづらいようにレジストリを設定する方法の2つをご説明します。

    応答なし状態で停止時の操作

    1. タスクバーを右クリック→タスク マネージャーの起動
    2. 「Windows タスク マネージャー」というウィンドウが表示されます。
    3. 「アプリケーション」タブの起動中のプログラム一覧表示内で、状態が「応答なし」のプログラムをクリックして「タスクの終了」をクリック

    レジストリの変更による「応答なし」時間の延長手順

    1. スタート→「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力し、レジストリエディターを起動します。
    2. 下記の順にたどってクリックします。
      [HKEY_CURRENT_USER] → [Control Panel] → [Desktop]
    3. [Desktop]で右クリック
      「新規」→「文字列値」
      「値の名前」もしくは「新しい値」に「HungAppTimeout」と入力
      「HungAppTimeout」をダブルクリック→「値のデータ」に希望の数値を入力
      (例:20000=20秒。Windows7は、標準で5秒間あるソフトからの応答がないと「応答なし」となるようになっています。)
    4. 再起動後に設定が有効になります。

    ■注意点
    レジストリーは不用意に変更するとパソコンが起動しなくなる場合もありますので、慎重に操作してください。 

 
プロフィール

exofficesoft

ギャラリー
カテゴリー
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ

Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


Twitterボタン