Windows,Mac,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフトのブログ

日本のソフトの専門店です【www.exsoftmall.com】。Windows,MacOS,Office,Adobe,ビジネスソフト,PCソフト皆様へで提供しています!

Professional

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル
Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル

仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに適したエディション

Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とともに、ドメイン参加や安心のデータバックアップ機能を始めとするビジネス機能が備わり、仕事でも家庭でも使用できるエディション。

Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。

パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。

64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。

ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。

Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。

さらに、Professionalでは、Windows XPモードで多くのWindows XP生産性向上プログラムを実行でき、Location Aware Creating、ドメイン参加とグループポリシー制御、進化したバックアップ機能(ネットワークとグループポリシー)、暗号化ファイルシステムの機能が装備されている。

※32ビット版DVD-ROMと64ビット版DVD-ROMが同梱されます。

商品スペック
【動作環境】

[windows]
対応OS: Windows Vista / XP / 2000
CPU: 1GHz以上 ※32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
メディア: DVD-ROM
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以降のドライバーで稼働するDirectX 9対応グラフィクスデバイスが必要
※解像度によっては、ビデオを再生するために追加メモリや高速グラフィックスハードウェアが必要になる場合がある。Windows Media Centerの一部の機能では、テレビチューナーと追加ハードウェアが必要になる場合がある。WindowsタッチおよびWindowsタブレットには、指定のハードウェアが必要。ホームグループには、ネットワークおよび接続先となるWindows 7インストール済みPCが1台以上必要。DVDまたはCDの作成には、互換性のある光ディスクドライブが必要。音楽やサウンドにはオーディオ出力が必要。Windows XPモードには、1GBの追加メモリ、15GBの追加空きディスク領域、ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー(Intel VTまたはAMD-Vが有効になっている場合)が必要

Windows 7 Professional アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル

Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱)
Windows 7 Professional(ウィンドウズ7プロフェッショナル)(32ビット版・64ビット版DVDメディア同梱),パソコン,パソコンソフト,マイクロソフト,Microsoft,OS,7,Professional,ウィンドウズ7プロフェッショナル

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

●Windows 7 Professional(プロフェッショナル)
「家庭だけでなく、仕事でも利用したいとお考えのお客様におすすめ」
・Windows XPモード機能搭載
・ドメイン参加機能により、会社のネットワークに簡単かつ安全に接続できます。
・暗号化ファイルシステムと自動バックアップ機能により、情報漏えいやPCのトラブルから重要なデータを守ります。
・Home Premiumエディションの機能を全て搭載しています。

●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。

【32bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:1GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に16GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

【64bit動作環境】
CPU:1GHz以上のプロセッサー
メモリ:2GBのRAM
ハードディスク:ハードディスク上に20GBの空きスペース
Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働する DirectX(R) 9対応グラフィクス デバイス

※Windows XP モードには次のものが必要になります
メモリ:1 GB の追加 RAM
ハードディスク:15 GB の追加空きディスク領域
ハードウェア仮想化に対応するプロセッサー (Intel VT または AMD-V が有効になっている場合) 

Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1,パソコン,パソコンソフト,価格,Windows 7,Professional,SP1,アップグレード版,ウィンドウズ7,プロフェッショナル 

Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー

Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキーOffice をインストールする方法とは?
Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー
Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー


①すぐにダウンロード行う
②ディスクを購入
ソフトウェアをダウンロードしない場合は、Office Professional 2013 のディスクを購入して届けてもらうことができます。
③ディスクに書き込む
ソフトウェアをダウンロードして、自分でディスクに書き込むことができます。ファイルのサイズが非常に大きくなるため、インターネットの接続速度によっては時間がかかる場合があります。

Office Professional 2013

より効率的に作業

時間の節約を可能にする各種機能や、洗練された斬新な操作環境が全プログラムに導入された Office Professional 2013 plusでは、作成やコミュニケーションを効率的に行えます。 また、文書を OneDrive にオンライン保存することにより、事実上どこからでもアクセスできます。

  • お使いのPC 1台にOffice をインストール可能
  • OneDrive で文書をオンライン保存
  • 無料の Office Web Apps を使用し、インターネットに接続したデバイスから文書にアクセス、編集、共有1

よりシンプルなコミュニケーション

画像 0

クライアントや顧客への対応をより迅速に。 必要な情報を Outlook でより効率的に検索する、新しい共有ツールを使用する、OneDrive で文書を共有することが可能。

迅速な対応。 Outlook メッセージのプレビュー、閲覧ウィンドウからの返信、連絡先情報の迅速な確認が行えます。

適切な方法ですばやくコミュニケーション。 すべての共有オプションが 1 つにまとめられ、Office プログラムの [ファイル] > [共有] からアクセス可能になりました。


データやアイデアをベースにプロ レベルの文書を作成

画像 1

スタート画面でテンプレートを選択し、魅力的な文書をすばやく作成。 新しい方法で PDF コンテンツ、イメージ、データを編集し、作成した文書をオンラインで共有。

データから結果を短時間で把握。2 ステップ以下の簡単な操作で、データからグラフや表を作成できます。

データベース アプリの構築と、Web 上での共有が容易。 Access によって構造が作成されるため、すぐにアプリの使用と共有を開始できます。


Office を自分用にカスタマイズ

画像 2

職場や外出先から Office にサインイン — 自分用にカスタマイズした設定と、最近使用したファイルにいつでもアクセス可能。

ユーザー単位でカスタム設定を管理。 任意の PC やデバイスから文書を開き、作業を継続できます。

クラウドにファイルを保存。 Office では文書が OneDrive に保存されるため、自分のメモ、文書、グループ ファイルなどにいつでもアクセスできます。

ビジネスの推進に役立つ最新の Office プログラム

Word
  • 新しい閲覧モードでは、テキストが自動的に列表示で再配置されるため、画面上での読みやすさが向上。 また、表示に役立つツールのみを提供してメニュー数を絞ることにより、作業への集中力がアップ。
  • PDF ファイルを Word で開き、Word で作成したファイルと同様に段落、リスト、表などのコンテンツを編集。
  • テンプレートの活用により、時間を節約できるだけでなく、自分らしいスタイルでプロフェッショナルな文書を作成。 40 以上のカテゴリに分類された各種 Word テンプレートが利用可能。
Excel
  • Excel 2013 では、1 つのワークブックに対して 1 つのウィンドウが開くため、2 つのブックでの同時作業が容易。 また、2 台のモニターでの同時作業も行えるため作業効率が向上。
  • 数学/三角法、統計、エンジニアリング、日付/時刻、検索/行列、論理、文字列操作の各分野に新しい関数が登場。
  • [挿入] タブに新たに導入された [おすすめグラフ] ボタンにより、各種グラフの中からデータに適したグラフを選択することが可能。 散布図やバブル チャートなど、関連するグラフは 1 つのカテゴリにまとめて配置。
OneNote
  • タブレット PC、Windows 8 タブレット、スレート PC など、タッチ操作に対応した任意のデバイス上で、指、スタイラス、マウスを使用してスムーズに描画、消去、編集。 手書き文字はテキストに自動変換されるため、手書きメモの読み難さを気にすることなく共有することが可能。
  • [OneNote に送る] ツール機能が強化されたことにより、画面に表示されている内容をクリップする、Web ページ/文書全体をノートブック セクションに追加する、ノートブックの一部として自動的に保存/ファイルされる「クイック ノート」に書き留める、などの操作が簡単に実行可能。
  • 任意のコンピューター ファイルを、ノートの任意の部分に添付することが可能 (ファイルのコピーはノートブックに保存される)。 また、Excel スプレッドシートや Visio ダイアグラムを OneNote 内に作成/インポートし、その情報をノート内で編集することが可能。
PowerPoint
  • 発表者ビューでは、モニターでノートを確認しながら発表することが可能 (オーディエンスに対してはスライドのみが表示される)。 以前のリリースでは、どのモニターで誰が何を見ているかを把握することは困難だったため、 発表者ビューの機能を強化することによってその点を改善し、使いやすさが向上。
  • スライド上のオブジェクトが整列していることを確認するための目測が不要。 画像や図形などのオブジェクトがほぼ均等に並べられると、自動的にスマート ガイドが表示されるため、オブジェクトを等間隔に並べることが可能。
  • .mp4、H.264 ビデオの .mov、Advanced Audio Coding (AAC) 音声などのマルチメディア形式に加え、より高解像度のコンテンツにも対応。 PowerPoint 2013 では対応コーデックの数も拡大し、特定のファイル形式を使用するための追加インストールが不要。
Outlook
  • 電話番号、電子メール アドレス、会社情報、ソーシャル メディアでの情報、連絡の可否も含め、連絡先に関する重要な情報のすべてを、連絡先カードで 1 か所にまとめて管理。 このカードから、会議を予約する、インスタント メッセージを送信する、電話をかけるなど、あらゆるコミュニケーションが可能。
  • カレンダーでは、次の予定を確認するだけではなく、さまざまな機能を利用可能。 現在地の天気予報をカレンダー ビューに追加し、現在の状況と合わせて表示。
  • プッシュ対応の電子メール、予約、Outlook.com (以前の Hotmail) からの連絡先情報を、Outlook 環境ですべて受信することができて便利。
Access
  • テーブル テンプレートを使用すると、管理対象に関する情報を入力するだけで、適切なテーブルをアプリケーションに簡単に追加することが可能。
  • 大量のデータが煩雑化しないよう、 標準的なアプリケーション フレームワークの採用により、アプリケーションの簡単操作が実現。
  • ドロップダウンメニューや、入力を開始すると表示される入力候補により、正確なデータを簡単に入力することが可能。
Publisher
  • Publisher に付属したコンテンツや、Publisher コミュニティから取得したコンテンツの既成文書パーツを挿入してカスタマイズすることにより、魅力的な文書をごくわずかな時間で作成することが可能。 豊富な文書パーツ (サイドバー、テーマ、カレンダー、罫線、広告など) から選択可能。
  • テキスト、図形、画像に対してプロフェッショナルな視覚効果 (柔らかな影や反射、合字や代替スタイルなどの OpenType 機能) の適用が可能。
  • Facebook や Flickr などのサービスに用意されているオンライン アルバムから画像を検索し、これらを保存することなく文書に直接追加することが可能。

要件

  • プロセッサ
  • SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ
  • 対応オペレーティング システム
  • Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012
  • メモリ
  • 1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量
  • 3.0 GB の空き容量
  • ディスプレイ
  • グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要
  • .NET のバージョン
  • 3.5、4.0、4.5
  • マルチタッチ
  • マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。
  • その他のシステム必要条件
  • 利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。 

    メモ: システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。 

    グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。
office2013 価格,office2013 ダウンロード,office2013 無料,office2013 プロダクトキー,office2013 クラック,オフィス2013 価格,マイクロソフトオフィス2013,オフィス2013プロダクトキー,オフィス2013 インストール,Microsoft Office Professional 2013 ダウンロード版 プロダクトキー
  • Office Home and Business 2010 ダウンロード版 プロダクトキー
  • Microsoft Office 2013 Pro plus ダウンロード版 プロダクトキー
  • Microsoft Office のおすすめ TIPS-画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

    画像やクリップアートをオンラインで検索して使用する

    画像やクリップアートをドキュメントに追加する場合、bing を使用すると Web 上の無数のクリエイティブ コモンズ ライセンスの画像にアクセスできます。
    新しい Office では、[オンライン画像] ウィンドウから画像を検索すると、自動的に bing に接続されるため、画像をドキュメントに挿入するためにブラウザーを開いたりドキュメントから離れたりする必要はありません。

    ここでは、Word 2013 を例に Office の [オンライン画像] ウィンドウからオンライン クリップアートを検索する方法をご紹介します。

    ※画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
    詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

    1. Word 2013 を開き、画像を挿入したい場所にカーソルを合わせます。

    2. [挿入] タブをクリックし、[画像] の [オンライン画像] をクリックします。

    3. [bing イメージ検索] ボックスに、検索する語句を入力し、右端の「検索」ボタンをクリックします。

    ヒント
    クリップアート画像を検索する場合は、検索文字列に「クリップアート」を追加します。たとえば、「パソコン クリップアート」、「枠線 クリップアート」のように入力します。

    4. 入力したキーワードで検索された画像が表示されます。
    (クリエイティブ コモンズによってライセンスされた画像が表示されます。)

    ヒント
    bing のフィルターは、クリエイティブ コモンズ ライセンス(新しいウィンドウが開きます) システムに基づいています
    画像を利用する際には著作権を含めて第三者の所有権を尊重する責任があります。
    詳しくは「画像のライセンスの確認方法」を参照してください。

    5. 使いたいクリップアートをクリックして選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

    ヒント
    「Ctrl」キーを押しながら画像をクリックすると、複数のイラストを同時に選択できます。この状態で「挿入」ボタンをクリックすると、一度に 2、3 点の絵を文書に挿入することができます。
    ヒント
    検索結果に表示される画像が少ない場合は 「すべての Web 検索結果を表示」をクリックするとライセンス以外の画像を確認することができます。

    6. カーソル位置にイラストが挿入されます。

    参考: 画像のライセンスの確認方法

    画像のライセンス方法を確認したい場合は、以下の手順で確認することができます。

    • 1. 検索結果で表示された画像を選択する
    • 2. 左下に表示された URL をクリックして、配布元のサイトにアクセスし、ライセンスについて確認する

    Office Personal 2013 日本語通常版 2PC

    Office Home and Business 2013 日本語通常版 2PC

    ※外箱若干ヘコミ Office Professional 2013 日本語通常版 2PC

    Office Professional 2013 アップグレード優待版

    Windows Server、Office 2013シリーズ、プログラミングソフト、CADソフト、データベース、Windows7、Office 2010シリーズ、FileMaker、ホームページビルダー、セキュリティソフト、Windows8、Adobe、画像・動画編集ソフト、Office Mac、会計・業務管理、バックアップソフト、ユーティリティソフト

    Windows 10の重要な9つの新機能まとめ



    • ついに2015年7月29日にWindows 10がリリースされました。「Windows最後のバージョン」とも言われる大型アップデートでWindows7/8から無償アップグレードすることが可能であり、今までのWindowsとは異なるさまざまな機能を搭載しているWindows 10ですが、「アップデートするべきなのかわからない」という人も多いはず。そんな人のためにThe Vergeでは、Windows 10になると使えるようになる重要な9個の機能がまとめられています。

      The nine most important updates in Windows 10 | The Verge
      http://www.theverge.com/2015/7/29/9060177/microsoft-windows-10-update-changes-browser-start-menu-cortana-xbox

      ◆1:新しいUI(ユーザーインターフェイス)
      Windows 10にアップデートして最も目に見えてわかる変化は新しいUI。Windows 8のModern UIの特徴を引き継いだフラットデザインで、マウス&キーボード操作と、タッチ操作の両方に対応しています。大量にウィンドウを開いていても、「タスクビューボタン」を押せば一発で起動中のタスクをタイル表示したり、「スナップ機能」で一気に画面を4分割したりのマルチタスキングが可能。また、Macのトラックパッドのようなウィンドウ切り替えジェスチャーも実装しています。


      ◆2:新しいスタートメニュー
      Windows 10のスタートメニューも大きな変化の1つで、Windows 8のような全画面タイプのスタートメニューに変わって、Windows 7以前のスタートメニューとWindows 8のライブタイルを組み合わせたようなデザインになりました。スタートメニューを開くと左側にファイル検索やライブタイルで電源操作などがテキスト表示され、右側に最近使用したアプリなどが表示されるハイブリッド表示となっており、「Windows 8のスタートメニューが使いづらい」というユーザーのフィードバックに基づいて改善されたスタートメニューになっています。

      Windows 10の新しいUIやスタートメニューがどのようなデザインなのかは、以下の記事を見ると一発でわかります。

      「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE


      ◆3:音声認識アシスタント「Cortana」
      これまでWindows Phoneに搭載されていた音声認識アシスタントシステムのCortanaがWindows 10でも使えるようになります。Cortanaに問いかければローカルおよびウェブ上のデータから正しい返答を検索してくれます。また、メールやカレンダーアプリのデータから予定があることを知らせるだけでなく、ルート案内や飛行機チケットの検索などを自動で行ってくれるとのこと。

      実際にWindows 10のCortanaを使っている様子は以下の記事から確認することができます。

      Windows 10で動く「Cortana」はこんな感じ - GIGAZINE


      ◆4:メール・カレンダー・写真・地図アプリ
      Windows 10の標準アプリであるOutlook・カレンダー・写真・地図アプリもアップデートされ、実際に使用したThe Vergeの記者は「正直なところ、すごく使える」と話しています。各種ネイティブアプリはOneDriveとの連携が強化されているほか、OutlookなどはiOS・Androidでも使えるため、自分のスマートフォンと合わせて利用可能。ネイティブアプリをガンガン使っていくことでCortanaの使い勝手も向上すると考えられます。


      ◆5:Continuum
      タブレットモードとPCモードをシームレスに切り替えられる機能が「Continuum」。Surface Pro 3のようなタブレットPCでは、キーボードをオフにするだけで自動的にタブレットモードに切り替わるとのこと。モバイル版のWindows 10搭載スマートフォンが登場すれば、Continuumを十二分に活用できそうです。

      モバイル版「Windows 10」はスマホをPCへと変貌させる新機能を搭載 - GIGAZINE


      ◆6:Edge
      長年にわたって標準ブラウザとしてインストールされてきたInternet Explorerに代わり、新しいブラウザEdgeが搭載され、Chrome・Firefoxの拡張機能をそのまま使える仕様となっています。Edgeが一体どのような機能を備えているのかについては、以下の記事を読むとよくわかります。

      Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 - GIGAZINE


      ◆7:アクションセンター
      Windows 10は、従来のアクションセンターとは異なる機能を備えています。アクションセンターを開くだけでカレンダ―やメールの通知・アプリのアップデート情報・接続しているデバイスなどが一発でわかるようになっており、表示する情報はカスタマイズ可能。スマートフォンの通知のように端末の情報を得ることができるようになっています。


      ◆8:Xbox OneのゲームをストリーミングプレイできるXboxアプリ
      Windows 10に搭載されている新しいXboxアプリは、PCをコンソール機としてXboxのゲームをストリーミングプレイすることができます。もちろんXboxのコントローラーにも対応しており、USB・ワイヤレスのどちらでも操作可能。PCのドライブ上に最大2時間のプレイ動画を録画する機能もあります。「Xboxをプレイするために家族とTVの取り合いをしている人なら、Windows 10にアップデートする理由になる」とThe Vergeの記者は説明しています。

      実際にWindows 10でXboxのゲームをストリーミングプレイしている様子は以下の記事から見ることができます。

      Xbox OneのゲームはWindows 10搭載のPC・タブレットでストリーミングしてプレイ可能であることが判明 - GIGAZINE


      ◆9:生体認証「Windows Hello」
      顔を見せるだけでキーボードに触れることなくPCのロックを解除できる生体認証が「Windows Hello」。顔・指紋・虹彩で認証可能なシステムで、指紋リーダー・赤外線センサー・その他生体認証センサーを搭載している端末で利用可能で、例えばPCの前にユーザーが座るだけでPCのロックが自動的に解除されるわけです。

      Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表 - GIGAZINE

      Windows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージ ウィンドウズ7プロフェッショナル

      Windows 7 Professional SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7プロフェッショナル SP1

      Windows 7 Ultimate SP1 アップグレード版 ウィンドウズ7アルティメット SP1

      Windows 7 Ultimate(J)通常版(SP1適用済み)へのアップグレード製品

      あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション。
      Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。
      パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。
      64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。
      ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。
      そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。
      Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。 
      さらに、Ultimateでは、Windows 7 Home Premiumのエンターテイメント機能とWindows 7 Professionalのビジネス機能に加え、BitLockerとBitLocker To Go、AppLocker、ダイレクトアクセス、BranchCache、多言語機能(Webサイトから言語パックのダウンロードが必要)を搭載している。
      Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。
      アップグレード対象製品については、メーカーHP参照。 

      http://www.exsoftmall.com/News/News-83.html 

    プロフィール

    exofficesoft

    ギャラリー
    カテゴリー
    ブログトピックス
    本ブログパーツは終了しました
    アクセスカウンター

    • ライブドアブログ

    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!
    Windows,Office,Adobe【www.exsoftmall.com】パソコンソフト 皆様へで提供しています!


    Twitterボタン